政党交付金〜どの党に払うのが一番無駄?

政党交付金〜どの党に払うのが一番無駄?

政党交付金とは

政党交付金とは、政党の活動を助成する目的で国庫から各政党に交付されるお金です。企業や団体などから政治献金を制限する代わりに生まれた制度になります。

政党交付金の交付条件としては、次のいずれかの条件を満たす政党が受け取る資格があります。

  • 所属国会議員が5人以上
  • 所属国会議員が1人以上、かつ、国政選挙において全国を通じた得票率が2%以上のもの

政党交付金は、年に4度(4月・7月・10月・12月)交付され、直近では 2017年4月20日に交付されています。

4月に交付された政党交付金を受け取った政党とその金額を列挙してみると次の通りでした。

自民党 44億 565万円

民進党 21億7974万円

公明党 7億8384万円

日本維新の会 2億5239万円

日本のこころ 1億2327万円

自由党 9966万円

社民党 9884万円

ちなみに共産党は制度自体に反対していて政党交付金を受け取らないと言っています。
(政党交付金を受け取ると収支報告をしなければならなくなるからという話もありますが・・・)

ご覧いただいて分かる通り、結構な金額を国庫から交付していることがわかります。国庫から交付されるということは、国民が間接的に支払っていることになるのですが、応援していない政党に強制的に献金するような感覚にモヤモヤしたものをお持ちの方もいるかもしれませんね。

ということで、今回は自分たちの納めた税金を「どの党に払うのが一番無駄か」について、アンケートをとってみたいと思います。ぜひ参加してみてください!

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  4. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  5. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る