朝日新聞の支持率世論調査をやってみた

メディア支持率世論調査
<スポンサーリンク>

イオンシネマの映画が1000円に!
特別なイオンカード・年会費無料

年間50回使え、同伴者も1000円!

朝日新聞の支持率世論調査をやってみた

メディアの支持率世論調査を始めた理由

日本では、司法・立法・行政という三つの国家権力は互いに三権分立によって抑制されており、さらに、その三権(司法・立法・行政)をメディアが監視することで国民の権利が守られてきました。

しかし、第四の権力として成長を遂げた既存メディアは“報道の自由”の名の下、その強大な権力を抑制するものがない状況となってきています。そこで、当サイトでは、既存メディアの監視への意味合いを込め、大手メディアの「支持率世論調査」を定期的に実施することにしました。

メディアの支持率世論調査の方法

協力を仰げるツイッターアカウント上で、新聞社・テレビ局など各メディア毎にアンケートを行います。支持率世論調査の内容は「報道スタンスへの支持・不支持」「報道内容の信頼性の有無」を中心に、その時々で気になったことがあれば随時調査することとします。

そして、実施した支持率世論調査は、各メディア毎のページ内で公開してことにします。なお、このページでは「朝日新聞」の支持率世論調査の結果を公開することにします。

直近の朝日新聞の支持率世論調査

直近で行われた「朝日新聞」の支持率世論調査は、以下の内容となります。

Q.あなたは朝日新聞の報道スタンスを支持しますか?


Q.あなたは朝日新聞の報道内容は信頼できると思いますか?


朝日新聞の支持率世論調査 まとめ

Q.あなたは朝日新聞の報道スタンスを支持しますか?

支持する 支持しない 関心がない
2017年7月調査
(回答数:236)
10% 73% 17%
2017年8月調査
(回答数:48)
13% 69% 18%

最新の世論調査による朝日新聞の支持率は 13% でした

Q. あなたは朝日新聞の報道内容は信頼できると思いますか?

思う 思わない わからない
2017年7月調査
(回答数:64)
3% 81% 16%

最新の世論調査による朝日新聞の報道信頼度は 3% でした

<スポンサーリンク>

イオンシネマの映画が1000円に!
特別なイオンカード・年会費無料

年間50回使え、同伴者も1000円!

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  4. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  5. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
ページ上部へ戻る