故事成語

石に漱ぎ流れに枕す

石に漱ぎ流れに枕す(いしにくちすすぎながれにまくらす)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

スポンサーリンク
グッドポイント

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

石に漱ぎ流れに枕す(いしにくちすすぎながれにまくらす)

という中国の古書「晋書」が出典の故事成語です。

「石に漱ぎ流れに枕す(いしにくちすすぎながれにまくらす)」とは

「石に漱ぎ流れに枕す(いしにくちすすぎながれにまくらす)」とは、
「自身の失敗や負けを認めようとせず、屁理屈を並べて言い訳をすること」を指します。

では、出典となった「晋書」の一節を見てみましょう。

楚少き時隠居せんと欲す。済に謂いて曰うに、当に石に枕し流れに漱がんと欲すというべきに、誤りて石に漱ぎ流れに枕すと云う。
済曰わく、流れは枕すべきに非ず。石は漱ぐべきに非ず、と。
楚曰わく、流れに枕する所以は、其の耳を洗わんと欲すればなり。石に漱ぐ所以は、其の歯を厲かんと欲すればなり、と。

とあり、現代文に訳すなら、

西晋時代の文人であった孫楚は、若い時に俗世界から離れて暮らそうと考えた。友人の王済に「石を枕にして、川の流れで口をすすぐような暮らしをしたい」と言おうとして「石で口をすすいで、川の流れを枕にするような暮らしをしたい」と言ってしまった。
王済は「川の流れを枕にして、石で口をすすぐような暮らしだね」と言い間違いを訂正した。
すると孫楚は「川の流れを枕にするのは耳を洗うためで、石で口をすすぐのは歯を磨こうとするためだ」と誤りを認めなかった。

といった感じになります。

「石に漱ぎ流れに枕す」といえば、明治の文人 夏目漱石の雅号「漱石」の由来として有名です。

皆さんも孫楚のように、屁理屈を並べて言い訳をしていませんか?

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マイナビ薬剤師

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  2. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  5. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る