故事成語

管鮑の交わり

管鮑の交わり(かんぽうのまじわり)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

管鮑の交わり(かんぽうのまじわり)

という中国の有名な詩人 杜甫の「貧交行」が出典の故事成語です。

「管鮑の交わり(かんぽうのまじわり)」とは

「管鮑の交わり(かんぽうのまじわり)」とは、
春秋時代の斉の管仲と鮑叔のように「互いに理解し信頼し合い、利害に左右されることのない厚い友情」を指します。

では、出典となった杜甫の「貧交行」の一節を見てみましょう。

手を翻せば雲となり 手を覆えば雨
紛紛たる軽薄 何ぞ数うるを須いん
君見ずや 管鮑 貧時の交わり
この道 今人 棄てて土の如し

とあり、現代文に訳すなら、

手を上に手を上に向ければ雲となり、下に向ければ雨となる。
軽薄な人達が世の中には満ちあふれている。
君は、春秋時代の管仲と鮑叔牙とが貧しい時にどんな交わりをしていたか、見たことがないのか。
そんな友情も今では誰も気に留めるものがない。

といった感じになります。

「管鮑の交わり」といえば、
親友であった管仲と鮑叔が一緒に商売をした際、貧しかった管仲が分け前を多く取ったこともあっても鮑叔は一言も責めなかったばかりか、鮑叔は斉の宰相に管仲を推薦し、一方、管仲は「我を生みし者は父母、我を知る者は鮑叔なり」と語って、二人の友情は生涯変わることなく続いたという故事にちなんだ言葉です。

人生の中で一人でも「管鮑の交わり」のできる友人と出会いたいものですね。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  2. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  3. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  4. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  5. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  2. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
ページ上部へ戻る