故事成語

精神一到何事か成らざらん

精神一到何事か成らざらん
(せいしんいっとうなにごとかならざらん)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

精神一到何事か成らざらん(せいしんいっとうなにごとかならざらん)

という中国の古書「朱子語類」が出典の故事成語です。

「精神一到何事か成らざらん
(せいしんいっとうなにごとかならざらん)」とは

「精神一到何事か成らざらん(せいしんいっとうなにごとかならざらん)」とは、
「精神を集中して物事に取り組めば、どんな難しいことでも成し遂げることができる」という意味の言葉です。

では、出典となった「朱子語類」の一節を見てみましょう。

陽気発する処、金石亦た透る
精神一到、何事か成らざらん

とあり、現代文に訳すなら、

天地間の陽気が発すれば、金や石も突き通してしまう。
精神を集中して行えば、何事も成就できないことはない。

といった感じになります。

精神論だけでは物事は成し遂げられませんが、できると信じ、必ずやり遂げると決意した上で「精神一到」すれば、大抵のことは成し遂げることができるように思います。

諦めないことも含めて「精神一到」することは、成功するために欠くことができない要素だと言えるでしょう。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

ページ上部へ戻る