系統抽出法とは?

系統抽出法とは

系統抽出法とは、統計法の種類の一つです。

統計というのは一つのテーマに対して大多数を占める一般的な意見を作り上げるために、その一つのテーマに対して決められた人数から意見を集約して大多数を判明させて行動の指針にすることです。

統計というのは総合の意見を決めるものなので、当然ながら意見の数が多ければ多いほど大多数が参加したことになり、一つのテーマに対しての答えの正確性が増していくことになります。一方で、意見の数が多くなれば、意見を集約しまとめる作業は困難を極めます。そして、それでは作業効率が落ちてしまい、統計の目的である大多数を占める一般的な意見を作り上げる事が出来なくなってしまいます。

そこで統計学は、一つのテーマに対しての意見集約を一人の意見に一人が当たるという作業負担を減らすために様々な方法で統計を導けるように工夫しています。

系統抽出法とは、その負担軽減策の一つです。

系統抽出法の手法としては、例えば2000人の中から200人の意見を集約する場合なら、まず、すべての人に対し無作為で番号をつけます。そして番号を付けた後に、10の間隔で、5,15,25,35・・・といった風に、1995まで等間隔で数字を選んでいきます。その等間隔の数字で選んだ人から意見を集約していきます。このように系統抽出法は簡単に標本抽出ができるので、意見集約の作業負担を軽減できます。

系統抽出法の注意点としては、等間隔にカウントする数字を間違えて行ってしまうと意見が偏ってしまい、統計の信憑性が薄れてしまうということになるので、数字を確実に等間隔で正確にカウントしなければなりません。

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  2. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  3. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  4. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  5. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  2. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
ページ上部へ戻る