朝日新聞は監視される〜詰んだ朝日新聞

朝日新聞は監視される〜詰んだ朝日新聞

詰んだ朝日新聞

2017年は、朝日新聞が “スクープ” した森友学園・加計学園問題(通称:モリカケ)で明け暮れた一年でした。

国会でも予算編成そっちのけで審議され、連日新聞記事やワイドショーを賑わせてきた「モリカケ」も、結局、安倍総理や安倍夫人の関与を示す証拠は何も出ず、急速に話題性を失ってきています。

大半の国民は「まだやってるの?」といったところでしょう。

「モリカケ」について先頭で旗を振っていたのは、朝日新聞と民進党ですが、民進党は先の衆院選で4つに分裂(立憲民主党・希望の党・無所属の会・民進党)し、朝日新聞も一挙手一投足をネット民から監視される有様で、結論ありきで1年近く話題を引っ張ってきた代わりに失ったものは大きかったと言えるでしょう。

ここから先、「モリカケ」を放置するのも「モリカケ」でさらに追求するのも、得るものは何もなく支持だけを失う「進むも地獄 退くも地獄」の状態になってしまいました。

第四の権力(四権)が監視される番に

「 第四の権力(四権)」として行政・立法・司法を監視してきた報道機関の代表格 朝日新聞が今度はネットから「フェイクニュース」の発信源として監視されるようになってきているのは、ある意味皮肉ですが、自業自得とも言えます。

朝日新聞を含め、報道全体が権力を弄び、自分たちが正義であるかのように振舞うことで目が曇っていたということだと思います。

今回の「モリカケ」の一年間で、私自身もテレビを見なくなり、新聞を取るのを止めました。

私が知りたかった「事実」はテレビや新聞では得られなかったことがよくわかりました。自ら情報を収集し、自分の常識で判断するのが一番「事実」に近く、マスコミ報道がフェイクニュースとまではいかないにしても相当に恣意的なものに劣化していることに気付かせてくれた朝日新聞と民進党の “功績” は大きかったと言えるのかもしれません。

新聞という媒体の存在価値が薄れていく中で、一度失った信頼を再び得ることはないでしょうし、そういった意味で、朝日新聞の今後を考えると「朝日新聞は詰んだ」と言えそうです。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  3. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  4. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  5. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る