起業に失敗しない為に-ビジネスモデルはしっかりと

起業

起業に失敗しない為に-ビジネスモデルはしっかりと当社では、これから起業する方、起業して間もない経営者の支援もしています。
今回は、こういったこれから起業する方、起業して間もない経営者に良く見られる失敗しがちなタイプについて書いてみることにしましょう。

起業する方の多くは何かしらの実務経験を積んでいるはずなのですが、机上の空論というか、一見ありそうで実際は世の中にニーズがあまりなさそうなサービス・商品でビジネスモデルを構築する方が目立ちます。特にどうやって集客し収入を得ていくかのマネタイズの部分や自分達がどういった世の中のニーズに応えていくのかを中心にビジネスモデルが希薄な例が非常に多く見られます

そういう時は、当社側でもその点を指摘するのですが「その道の○年のプロだから大丈夫!優れたサービス or 商品なので集客も大丈夫!」と自信満々だったりするわけです。ただ、3か月もすると集客の相談を受けることになるケースがほとんどだったりします。

世の中、優れたサービス or 商品だから売れるわけではありません。消費者が優れたサービス or 商品であることをしっかりと認知し、さらにそれにふさわしい価格であった時に初めて売れ始める訳です。

さらに、たとえ自分自身が以前勤めていた会社と全く同じサービスや商品を全く同じ価格で売っても、以前の会社で売れていたのと同様に売れるわけではありません。以前の会社に認知度・信頼度、売れる為の様々な社内システムが複合的に機能して売れていたわけです。

起業前に勤めていた会社からのれん分けをするとか、事業を引き継ぐのでなければ良いのですが、そうでなければ、事業者が何度も何度も消費者の心の門を叩き、何度も失敗し、さらにチャレンジする、それを踏まえたビジネスモデルを用意すべきです。本来なら頭を悩ませなければならないにも関わらず、「その道の○年のプロだから大丈夫!」という一言で済ませるようでは起業の成功確率は低くなるでしょう。

少なくないリスクを負ってする起業だからこそ、ビジネスモデルはしっかりと考えたいものです。

起業のワンポイントアドバイス

次は「起業豆知識」を見てみる

ページ上部へ戻る