故事成語

門を関ざして賊を捉う

門を関ざして賊を捉う(もんをとざしてぞくをとらう)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「門を関ざして賊を捉う(もんをとざしてぞくをとらう)」

という中国の有名な兵法書「三十六計」が出典の故事成語です。

「門を関ざして賊を捉う」とは

「門を関ざして賊を捉う」とは、
相手が弱小であれば、相手の退路を断って包囲殲滅すべき」という計略のことです。

「門を関ざして賊を捉う」の話

兵力差が少ない敵を包囲殲滅することは「窮鼠猫を嚙む」可能性を考えて避け、敵の逃げ道を残しながら兵力を削ぐことに注力すべきです。しかし、敵の兵力が少なく圧倒している状況であれば、一気に包囲殲滅してしまう方が良いというのが、この「門を関ざして賊を捉う」です。

古代中国の戦術家である呉子(呉起)が「もし、死に物狂いの賊が一人いて原野に隠れた場合、たとえ千人で追ったとしても、いつ襲ってくるのかとビクビクしているのは追っ手の方である。つまり、死を恐れない一人の兵士が千人の兵士を恐れさせることができるということだ。」と言ったように、死に物狂いの敵を逃してしまうことは、後日の憂いを生む要因になりかねません。

「門を関ざして賊を捉う」を現代のビジネスで考えるなら、マーケットにおいて自らよりも弱小ながらマーケットを乱すような企業がある場合、そのまま放置するのではなく、ヒト・モノ・カネといったリソースをフルに使い、攻勢を掛けて、マーケットから排除するべきということになるでしょう。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

ページ上部へ戻る