「間違ったサイト検索順位」でSEO戦略を立てていませんか?

Google,検索,検索エンジン
<スポンサーリンク>

イオンシネマの映画が1000円に!
特別なイオンカード・年会費無料

年間50回使え、同伴者も1000円!

「間違ったサイト検索順位」でSEO戦略を立てていませんか?当社に SEO対策でご相談いただく時に、よくあるのが “(自社サイトの)検索順位を間違って認識している” ケースです。

例えば、主要キーワードで検索すると、自分達としては 20位以内に自社サイトが表示されていると認識していても、実際の検索順位は 100位にも入っていなかった、なんてことが結構あります。

意外に思われるかもしれませんが、実は Google や ヤフーなどで検索した時の検索順位は見る人によって違います。正確に言うならパソコンなどのネット端末毎の使用環境によって検索順位は変わってくるのです。

では、なぜ一定であるはずの検索順位が、人によって、あるいは端末によって変わってしまうのでしょうか?

その理由は「ブラウザの仕組み」にあります。
皆さんは、ホームページやブログを閲覧する時、インターネットエクスプローラ(IE)や Windows10 から附属となった Microsoft Edge(Edge)、クローム(Chrome)などのアプリ(ソフト)を立ち上げると思います。このインターネットエクスプローラ(IE)や Microsoft Edge(Edge)、クローム(Chrome)が「ブラウザ」です。

ブラウザでは、過去閲覧したことのあるホームページのデータを「キャッシュ」と言われる方法で PCなどの端末の中に保存しています。ホームページにアクセスすると、インターネット回線からデータをダウンロードせず、端末内にある「キャッシュ」を可能な限り読み込むことでホームページの表示スピードを上げるわけです。

ブラウザは種類によってそれぞれ特徴がありますが、例えば、最近主流派になりつつあるクローム(Chrome)の場合、この「キャッシュ」を読み込む比率が高く なっています。「キャッシュ」を読み込む比率が高ければ速くサイトを表示できるメリットがありますが、最新のサイトの内容を表示できないというデメリットもあります。クローム(Chrome)は、検索エンジンの大手 Google社が作っているブラウザですが、Googleはできるだけ速くサイトを表示したいという考えを優先しているのでしょう。

話を「キャッシュ」に戻しますが、実は、この「キャッシュ」が検索順位を見る時に “悪さ” をしてしまいます。

サイトのデータをキャッシュ内に持ってしまうことで、「よく見るサイトの検索順位が上位表示されてしまう」ということが起こってしまうのです。自社サイトは当然「良く見るサイト」なので、本当の検索順位はかなり低いのに、「見た目」の検索順位が上位表示される訳です。

では、どうすれば「正確な検索順位」を知ることができるのでしょうか?

1. インターネットエクスプローラ(IE)や Edge を使う
クローム(Chrome)に比べて、インターネットエクスプローラ(IE)や Edge といったブラウザは、サイト表示の際、キャッシュを読み込む比率が少ないようで、「正確な検索順位」に近い順位を表示してくれます。

2. クローム(Chrome)の「設定」の「履歴」から「閲覧履歴データの消去」を行う
誤った検索順位が表示されてしまうのはブラウザに残っている「キャッシュ」が原因ですから、その「キャッシュ」を消せば、正しい検索順位が表示される訳です。検索順位を測定する前に「閲覧履歴データの消去」を行うことでほぼ正確な検索順位が測定できます。

正しい戦略は正しい情報から生まれます。
「最近、検索順位が上がってきた!」と喜んでいると、実はほとんど変化していなかった、ということにならないよう、正しい検索順位を把握するようにしましょう。

<スポンサーリンク>

イオンシネマの映画が1000円に!
特別なイオンカード・年会費無料

年間50回使え、同伴者も1000円!

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  2. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  3. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  4. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  5. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  4. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る