カテゴリー:気になる話題

  • 将棋と人工知能AI〜プロ将棋は人類最強決定戦で良い

    将棋と人工知能AI 将棋のプロ棋士 三浦九段が将棋ソフトの指し手をカンニングしていたのではないかとされる“事件”が話題になりました。 羽生善治九段(三冠)や渡辺明九段(竜王)などが、三浦九段のカンニング“事件”に…
  • 蓮舫代表、二重国籍解消手続き不備?経営者なら失格の理由

    蓮舫民進党代表の二重国籍問題ですが、どうやらまだ未解決のようです。台湾籍離脱時に必要な日本「国籍選択宣言」がなされていない不備があるらしく、法務省は許可証をまだ受理していないようです。 蓮舫氏は自身の二重国籍問題に…
  • 電通に強制調査(臨検)〜女性新入社員過労死

    広告代理店最大手の電通の女性新入社員が過労死と認定された件で、管轄の三田労働基準監督署と東京労働局が電通本社に強制調査(臨検)に入りました。 【関連記事:電通東大卒女性社員過労死を考える】 ちなみに「臨検」と…
  • プロ棋士が将棋ソフトでカンニング!?人工知能進歩で思うこと

    プロ棋士が将棋ソフトでカンニング!? 将棋界のプロ棋士、三浦弘行九段が対局中に将棋ソフトを使って“カンニング”していたのでは、という疑惑が持ち上がっています。 三浦弘行九段といえば、最高段位である「九段」が示す通…
  • 研修期間中の退職退社で裁判に〜ヘッドスパサロンの事案

    先日、あるヘッドスパサロンの社長が元社員に対して、損害賠償請求で裁判を起こしたというニュースを目にしました。 何か社員側に不法行為があったのかと思ったら、研修期間中に退職退社する事案が発生し、会社が社員退職退社で生…
  • ダイワハウスに見る一流企業の看板とは?

    駅までの通勤途中にある一角で最近、建物の建て替え工事がありました。厳密にいうと、持ち主が土地を手放して、購入した業者(ダイワハウス)が古家を取り壊し、再建築して、現在は建売住宅として販売しています。 ダイワハウスと…
  • 柔術整復師の不正請求対策で思うこと

    厚生労働省は、柔術整復師の行う健康保険適用の施術について、来年度からカルテなどの提出義務化など不正請求対策に乗り出すそうです。 柔術整復師については、柔術整復師有資格者である講師が無資格の学生を使って患者に施術を行…
  • F1日本GP

    F1日本GPの観客数減に思うこと

    鈴鹿サーキットで行われていたF1日本GPの観客数が大会3日間の合計で14万5000人と過去最少となったそうです。 一時期は36万人前後の観客数(鈴鹿F1日本GP)を誇り、ブームとなっていたF1ですが、ここ数年は減少…
  • 長谷川秀夫教授が電通女性社員過労死事件で炎上

    電通の女性社員が投身自殺をし、労基署から過労死認定された事件を受け、武蔵野大学グローバルビジネス学科教授である長谷川秀夫氏がFacebookに以下の趣旨の発言を投稿し、炎上騒ぎになりました。 長谷川秀夫教授の発言要…
  • 電通東大卒女性社員過労死を考える

    昨年の年末の話ですが、大手広告代理店の電通の女性社員が自ら命を絶ちました。東大を卒業し、入社9ヶ月で起きた事件でした。 この電通女性社員はインターネット広告を担当していたとのことで、近い業界にいるものとして、まず哀…
BIZREACH

今なら好条件で転職できます♪

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  2. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  3. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る