CVR(CV率)を考える

CVR(CV率)を考える費用対効果を示す指標に「コンバージョン」という言葉があります。

コンバージョンとは成果のことで、企業サイトや物販サイト(ECサイト)、アフィリエイトサイトに訪れた人が、実際に購入に至ったり成果となった場合が該当します。
この コンバージョンとサイト訪問者との割合で示したものがCVR(Conversion Rate:コンバージョンレート) で、CV率とも言われます。厳密には違いますが、コンバージョンと言えばCVRを指す場合もあり、クリック数や売り上げなど、成果として設定する対象によっても異なります。

例えば、月間1万人が訪れるECサイトがあるとして、Aという商品を1000人がクリック、50人が実際に購入したとします。購入をコンバージョンと考える場合、

  • コンバージョン数は 50
  • CV率はコンバージョン数 50÷クリック数1000=0.05となるため 5%

となります。この例では売り上げが発生した場合を成果としていますが、クリック自体が売り上げとなる場合には、クリックという行為が「コンバージョン」となるため、コンバージョンは 1000、CV率はクリック数 1000÷訪問者数10000=0.1で 10%となります。

ECサイトやアフィリエイトなど、何らかの目的を持ってウェブサイトを運営する場合は、このCVRを高く保つことが一つの目標となりますが、分母が増えないことには確かな数字が得られないため、訪問者が増加するようなサイト作りをしつつ、同時にCVRの上昇を目指すことが重要です。

CVR向上の為には購入層や対象者を意識したサイト作りは重要で、訪問者数が多い割にCV率が低い場合は、記事と購入層のアンマッチが考えられます。

例えば、物販サイト(ECサイト)で商品画像を見やすいものにして訪問者を惹きつけたとしても、説明不足だとユーザーは詳細を求め他のサイトへと移動してしまい、機会の損失に繋がりやすくなります。そういった場合、商品の特徴やメリットを重視した記事へとシフトする必要があります。さらに、50代以上のユーザー層が購入するような商品に、若者向けの文章や画像を使用しても、成果には繋がらないなど、CVRの向上を目指すには常に購入層を意識したサイト運営が求められます。

また、ユーザーの環境とも少なからず関連があります。例えばウェブサイト上で、一部のブラウザしか対応していない機能を使用していれば、他のブラウザで訪問している人は成果に繋がりづらくなり、モバイル表示の最適化に対応していないサイトなども、訪問者が多くてもすぐに離脱する人が多くなってしまいます。

安定したCV率を得るには、購入層の分析やマッチングのほか、コンテンツの充実、使用している機能や環境面等、総合的な戦略が必要となります。
皆さんもサイト運営に当たっては、このCVR(CV率)をしっかりと意識していきましょう。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  2. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  3. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  4. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  5. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る