EPM攻撃(電磁パルス攻撃)

北朝鮮ミサイル

EPM攻撃(電磁パルス攻撃)

核爆発とEMP攻撃(電磁パルス攻撃)

EMP攻撃とは、電磁パルス攻撃のことです。

核爆発では非常に強いガンマ線が放出されますが、高高度(上空40km程度)で核爆発を起こすと、ガンマ線が高層の大気と反応し、広域にわたり電子を拡散、強力な磁場を引き起こします。そして、その磁場がケーブルやアンテナなどを通して、電子機器に過剰電流として流れ込み、機器内の半導体や電子回路に重大な損傷を与えます。

この反応を利用し、強力な磁場を核爆発で強制的に発生させて、電力をはじめとした各インフラを広範囲に破壊して相手国の生活を麻痺させてしまうのが核EMP攻撃です。

核EMP攻撃(電磁パルス攻撃)と北朝鮮

核搭載のICBMミサイルでは、大気圏に再突入する際に高度な技術が必要とされていますが、核爆発によるEMP攻撃(電磁パルス攻撃)であれば、再突入前に起爆させれば目的が達成できますので、核実験を繰り返しながら技術を高めている過程の北朝鮮にとっては、魅力的な攻撃方法と言えます。

EMP兵器(電磁パルス兵器)の現状

核爆弾によるEMP攻撃(電磁パルス攻撃)は、ミサイルに搭載可能な核爆弾を有している国であれば有しているとみて良いでしょう。一方、非核のEMP攻撃兵器は、アメリカで開発を続けられており、ロシアも一定度のEMP技術を持っていると見られています。

アメリカで開発中のEMP兵器(電磁パルス兵器)は、JDAM EMP爆弾・E爆弾などが開発中の状態ですが、いずれも半径 200〜300m 前後で作用する局地的なEMP爆弾となります。

基本的には、EMP攻撃(電磁パルス攻撃)に対する効果的な対処法はないとされていますので、核ミサイルを撃たせない、あるいは核ミサイルが発射される前にミサイル自体を叩くというのが最善の策と言えそうです。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  4. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  5. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る