IoTとは?IoTとは、ありとあらゆるものをインターネットにつなげてしまおうという試みのことを指します。

今回は、最近話題となっている「IoT」について解説してみることにしましょう。

IT社会の現代では、いたるところに有線・無線の通信網がひかれているので、様々な道具を、インターネット回線につなげて便利に活用をしようという考え方がIoTです。

例えば、自動車の位置情報をIoTによって常にネット上に発信し続けることができるとすれば、あらゆる車がどこを走行しているのかということをすぐに知ることができます。そのため、これから出かけようとしている場所の混雑状況などが手に取るようにわかることになり、ドライバーが予定を立てやすくなるなどの利点が生まれます。

また、電力メーターなどの検針は現在人間が行っていますが、それをIoTにすることによって自動的に使用量が電力会社のもとに送ることができることになります。そうなると、余計な人件費をカットすることができ、余計な人件費をカットすることができれば、それが利用者に還元をされることになりますから、IoTにすることによって電気料金の削減といった形で利用者にもメリットが生まれることになります。

他にも、冷蔵庫などをIoTしようという試みもあります。IoTになると、外出先から冷蔵庫の中身を覗くことができるようになり、何が必要か何が不要かということを外出先からでも知ることもできます。さらに、賞味期限なども記録しておくことができれば食材の廃棄を減らすことができるので、IoTにより無駄を減らすことができます。

IoTの中には、一見するとこれをインターネットにつなげて何の意味があるのかと思うようなものもあったりしますが、IoTにしてインターネットと繋げることによって、どんな利便性を発見できるかが、これからの時代に重要なこととなるかもしれません。

無意味そうに見えるものであっても、インターネットにつなげ、IoTにすることによって飛躍的に利便性が向上するということもありますから、いち早く見つけることができれば、大きなビジネスチャンスが生まれるということになるのです。

少し目のつけどころを変えて、インターネットの有効活用を考えるだけで企業にとって大きな売上増につながることもあるため、今後、IoTは中小企業にとっても重要なキーワードとなっていくでしょう。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  4. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  5. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る