SCPモデルとは?SCPモデルとは企業が事業を行う際の一つの方向性を示すものです。

企業にとって利益を上げることは非常に重要な目的ですが、その目的を達成するためには市場の構造が企業にとって魅力的なものである必要があり、企業活動が効果的に行われる条件でもあるとされています。

SCPモデルを認識しておくことで、企業はその活動を効率的に行うことができます。SCPモデルで最も注目しなければいけない点として市場の産業構造がありますが、その産業構造は事業の内容により大きく異なるため、その内容を理解することが非常に重要なものとなります。その産業構造の中で自社がどの様な利益を上げることができるかを十分に見極めることが必要になるためです。

しかし、企業によっては産業構造がそぐわないことも少なくありません。最近では様々な事業に参入する企業が増えていますが、この参入先の構造が自社の経営方針や事業スタイルと合致しないとなかなか成功する事は難しくなっています。

SCPモデルの語源は、産業構造-Structure と事業活動-Conduct および業績-Performance の略称を示した物であり、それぞれの関連性を示した物になっています。一般的に産業構造と事業活動は業績に大きく関連することを示しています。

企業に於いてはより効果的な活動を行うためにはより自社の経営方針に合った市場を選ぶことが重要になります。市場の産業構造はその業種によりそれぞれ異なるもので、どの業種を得意とするかにより参入する業種が異なってくるものです。逆に産業構造が明確になっていない市場に参入することは非常にリスクが高く、またその効果が上がりにくいという傾向があります。

このSPCモデルは企業を立ち上げる際の市場の策定や営業範囲の策定に置いても非常に重要な基準となる物です。一般的に起業を行う場合には第一に市場の策定や営業範囲の策定が大きなポイントとなり、高い利益を上げるためにその範囲を広くしようとする傾向も少なくありません。

但し、その際に自社の経営方針や経営戦略と異なる事業構造の市場に参入する場合にはその事業構造に対する戦略を十分に検討する必要があります。しかし、一般的に異なる事業構造の市場に参入する事は企業に対する負担が大きく、またこれに対する収益も高い物が得られるまでに時間がかかることが考えられるため、十分にその構造を理解するとともにリスクを回避する方法も考慮した上で行う事が大切です。

ページ上部へ戻る