SEMとは

SEMとは

近年では、企業がネットで商品やサービスを販売する時に、消費者がどのような行動を取るのかを分析する手法が一般的になっています。

今回は、最近目にすることが増えてきた「SEM」について考えてみましょう。

SEMとは、一言で言うなら、検索エンジンから企業のサイトへの訪問者を増やす為のマーケティング手法 のことです。

例えば、SEO という言葉をよく聞きますが、SEOは SEMの手法の一つ であり、ホームページやブログの検索エンジンへの最適化(検索順位で上位表示させること)を指します。SEMは、御社のサイトでアクセス数を向上させるのに有効な手段と言えるでしょう。

SEOによるSEM効果を高めていくには、サイトを検索エンジンのアルゴリズムに最適化していくのが有効です。

よく行われる最適化としては、HTMLのソースコードの調整(内部SEO対策)や被リンクの設置(外部SEO対策)などがあります。その他にも、有力なキーワードを使ってコンテンツを制作していく事で、検索エンジンのシステムで高い評価を得られ、検索結果ページの上位に表示されるようになります。効率的に効果を引き上げるには、ホームページやブログ等において、ページ毎のテーマに合ったキーワードを選択し、消費者が検索を行った時に興味を持つような内容のコンテンツを作り上げていく事 が重要です。

消費者が興味が持つようなコンテンツの内容は、企業が販売する商品やサービスなど様々な物について紹介したり、配合されている成分や機能を詳細に記述していくと、読み手が興味を持って最後まで読んでもらえる可能性が広がりますし、検索エンジンも高評価をつけやすくなります。そして、こういった内容のコンテンツを作っていくことが コンテンツの質を高める ことにつながります。

このようにコンテンツの質を高めていく事は、企業のイメージ戦略にも合致しており、自社のイメージに合うような中身のあるコンテンツを公開する事で、自社がターゲットとする消費者に有益な情報を提供出来るようになります。

次に、リスティング広告(PPC広告)においても、SEMは高い集客効果を期待できるでしょう。

リスティング広告(PPC広告)は、ネットユーザーが検索したキーワードに連動して表示される広告ですので、SEO対策のノウハウをリスティング広告に適用しやすいです。通常、リスティング広告(PPC広告)ではお問い合わせ数・購入数の最大化の観点で運用されることが多いのですが、SEO対策同様、自社のイメージに合うキーワードを選定し、広告運用していくことで、自社がターゲットとする消費者の利用者を増やし、ブランディングに活用していくことができます。

また、ランディングページもSEMによる高い集客効果が期待できるツールです。

【参考記事:ランディングページとは

オンラインショップの購入ページなどへ誘導する為に作られるランディングページは、企業サイトでは必須の集客ツールになってきています。通常、ランディングページはリスティング広告(PPC広告)とセットで使われることが多く、高位のお問い合わせ率・購入率(コンバージョン率)が必要な為、SEMのマーケティング手法がフルに求められます。

ネット集客は分析ができる長所があります。御社でもSEMを効果的に行い、ネット集客を成功させましょう。

ページ上部へ戻る