VALUとは〜ヒカルがVALU詐欺?

VALUとは〜ヒカルがVALU詐欺?人気Youtuberのヒカルが資金調達サービス「VALU」上で詐欺を働いたのではないかという話がインターネットを中心に流れています。今回は、この「VALUのヒカル騒動」について見てみたいと思います。

VALUとは?

VALUとは、かなり大雑把に言うと、個人を「株式会社」に見立てたサービスです。

VALUとは証券取引所のようなところで、個人が登録すると、個人の知名度に応じた株数を割り当ててVALU上に上場することになります。そして上場すると自分の仮想株式(VA)を売り出すことができます。

VAは仮想通貨のビットコインでのみ購入が可能です。VALUは、上場した個人が、応援してくれる人がVAを購入することで資金調達をする仕組みになっていますが、通常は上場した個人が「優待」を設定し、その優待に魅力を感じた人たちがVAを購入することになります。

そういう意味では、VALUは「クラウドファンディング」の資金調達方法に近いのですが、仮想通貨ビットコインでの資金提供になるのと、上場した個人の価値(会社でいう「時価総額」)が高くなることを見込み、投資的な視点でVA取引が行われる点が異なってきます。

VALUでヒカルは何をした?

そんなVALUに人気Youtuberのヒカルが上場しました。そして、その後、ヒカルは「優待」や「時価総額」が上がりそうな情報があるかのように見せた後に、一般利用者に対してヒカルが所有しているVAを全て売りに出したため、その行為が株式売買における「インサイダー取引」や詐欺に当たるのではないかとして問題視されているわけです。

ただ膨大なヒカルのVAは全て売却されたわけではないようですが、情報によると2000VA(約4000万円)の売却には成功しているようです。

ヒカル自身の意図は不明ですが、ヒカルの「時価総額」が上がるかのような情報を発信する一方で、自らが所有する膨大なVAを全て放出したことについては、VALU自体のサービスをぶち壊すものであり、損失を被った人がいる以上、訴えられた場合は「詐欺」と捉えられても仕方ないかもしれません。

ヒカルの一件でVALUはどうなる?

ヒカルの一件を受け、VALU運営会社は「利用者保護を最優先に考え、取引に関するルールづくりを進めております。新たなルールについては、決定次第発表いたします。運営一同、引き続き初心を忘れず精進してまいりますので、今後共どうぞよろしくお願いいたします」というコメントをホームページ上で発表しました。

しかし、VALUは資産価値を捉えにくい「人」というものに対し、仮想株式を発行して、仮想通貨で決済するという非常に見えづらいサービスですので、今回のヒカルの件を踏まえ、資金調達の手法として世間に浸透することは難しそうです。

追記:その後、ヒカルはVALU騒動を謝罪

8/17になり、Youtuberのヒカルは Twitterのアカウント上で謝罪し、売買が成立したVALUのVA(仮想株式)を最高値で全て買い戻すことを発表しました。ただ、問題点を露呈してしまったVALUとヒカル自身の落ちた信用の回復は簡単ではなさそうです。

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  2. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  4. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る