カーボンオフセットとは?

カーボンオフセットとは

カーボンオフセットとは、地球規模での二酸化炭素の排出量抑制の取り組みと大きな関係があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

諸説ありますが、石油や石炭などの化石燃料を燃やすことで発生する二酸化炭素は、地球温暖化の原因になっていることはほぼ確実で間違いないとされており、この排出量を世界中で一定のレベルにまで抑制しないことには、温暖化によって例えば海面が上昇したり、農業が壊滅的な打撃を受けたりして文明が大きな影響を受けると考えられています。

そのため、どの国やどの企業においても、合意されたレベルで二酸化炭素の排出を抑制することが国際的な枠組みとして取り決められています。

ところが社会というか世の中の仕組みというのは、企業活動において単に二酸化炭素の排出を減らしさえすれば全てがうまくいくというような単純なものではありません。合理的な努力はするけれどもただ減らすだけでは企業活動がうまくいかない、ひいては社会がうまく回らないことはいくらでもあるのです。

スポンサーリンク

そこで生まれてきた考え方が「カーボンオフセット」です。

カーボンオフセットとは、直訳すれば炭素の埋め合わせというような意味になりますが、どうしても発生してしまう二酸化炭素について、何か別のものや方法で埋め合わせをすることで、最終的には目標とする二酸化炭素の排出量削減を達成するものです。

この説明ではまだよく分からないかもしれませんので、カーボンオフセットの例を挙げてみましょう。

最も分かりやすい例としては、ある企業において削減目標を上回って排出してしまった二酸化炭素について、ちょうどその二酸化炭素を吸収してくれる分だけ植林、植樹をするというようなことが挙げられます。植物は空気中の二酸化炭素を吸収して成長していきますから、これで埋め合わせることができるわけです。

この方法をちょっと発展させて考えれば、例えば、1本の木を植樹するのにかかる費用が例えば1万円であるなら、何も自分の会社自身で植樹をすることだけが埋め合わせの方法ではないことに気づきます。

つまり、お互いが合意すれば、A社がB社に1万円を支払って1本の木を植樹してもらうことでも、A社としてはカーボンオフセットに値する行動をしたと言えるのです。あるいは、別のC社は技術開発により大幅に二酸化炭素の排出量の削減に成功し、目標をさらに下回ることができたとします。すると、目標までの残りの分については、排出権という形で別の会社に販売するようなことも経済学的には可能です。A社としてはC社から排出権をお金で買ってカーボンオフセットを行う手もあるわけです。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
ページ上部へ戻る