歯科医の集客,歯科の集客

ガムブリーチングとは?

ガムブリーチングとは

ガムブリーチングとは審美歯科で行われる、歯肉のホワイトニングという治療になります。薬剤を歯茎に塗るだけで、黒くなってしまった歯茎の色をピンク色に戻せます。「歯茎の色が黒くなってしまった」という人におすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

歯茎は意外に良く見られています。白い歯と同様に、健康なピンク色の歯茎というのは、口元の印象を大きくアップします。逆にいえば、歯茎が黒かったり、赤紫だったりすると、たとえ歯が白かったとしても、不健康な印象になってしまうのです。

しかし、ガムブリーチングを行えば、健康なピンク色の歯茎に戻すことが可能です。今まで歯茎の色が気になって大きく笑えなかった人も、自信を持って笑えるようになります。健康的な歯茎で印象をよくしたい方にも効果的です。

そもそも、歯茎が黒くなったり、赤紫になったりしてしまうのは、メラニン色素が沈着してしまうことが原因です。たとえば、間違った歯磨きをしたり、ワインやコーヒーなどの色の濃い飲み物を飲んだりすると、メラニンが沈着することがあります。ですが、最大の原因は喫煙によるものが大きいです。

スポンサーリンク

タバコによって放出される一酸化炭素は、歯茎を酸素不足にしてしまいますし、ニコチンは血行を悪くしてしまいます。また、タバコはビタミンCを破壊するため、メラニンが作られやすい状況になります。そのため、喫煙をしていると、次第に、歯茎が黒くなってしまうのです。

ですが、そうやって黒くなってしまった歯茎にはガムブリーチングが効果的です。ガムブリーチングとは、フェノール系の専用の薬剤を使った歯肉のホワイトニングになります。フェノールのタンパク変成作用で、歯茎の上皮組織をメラニンとともに取ることが可能です。

その結果、歯茎に蓄積したメラニンや、表面にあるメラニンを除去できます。メリットとしても、薬剤を塗るだけなので、出血の心配がなく、短時間で終わるという特徴もあります。また、ケア中は表面麻酔を行うため、痛みもほとんどありません。ただ、人によってはピリピリとした痛みがあるそうです。

しかし、ガムブリーチングにはいくつか注意点があります。ガムブリーチングはメラニンによる歯茎の黒ずみのみの適応になります。歯肉炎や歯周病によって歯茎が炎症している場合には、この歯肉のホワイトニングは行えません。また、フェノールやアルコール系の薬剤にアレルギーがある方も行えません。他にも、歯のかぶせもの、つまり金属による変色も適応外になります。

しかし、メラニン色素が原因の場合には、ガムブリーチングが有効です。「歯茎を気にせずに笑いたい」そういった方におすすめの治療ですので覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  3. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  4. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  5. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る