「クズネッツの逆U字曲線理論」とは?

「クズネッツの逆U字曲線理論」とは?

「クズネッツの逆U字曲線理論」とは

クズネッツの逆U字曲線理論とは、経済学に関連する仮説の一つで、経済発展によって世の中に生じる不平等がどのようなものなのかを理論的に証明しようとする仮説のことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

景気変動の波の一つ「クズネックの波」で知られるサイモン・クズネッツは、経済学の観点から見て、世の中の景気の状態の変化に関して「逆U字曲線理論」という特殊な理論を提唱しました。

「クズネッツの逆U字曲線理論」についてもう少し詳しく説明してみましょう。

例えば、ある国で急激な経済発展があったとします。

スポンサーリンク

最初は、まだ多くの人に給料が与えられていないので、格差はそれほど大きくはなりません。しかし、継続的に経済発展を続けていくと、経済発展のさなかで頭角を現してくる人材や団体が多く出て来ます。そうした人たちには多くの給料が分配されますので、当然この層には所得が多くなります。つまり、継続的に経済発展をしていくと、必ずその中で格差の拡大が出てきてしまうわけです。

その結果、経済発展における弱者の立場に立たされる人たちも生まれていくのですが、そうなると、社会全体に所得分配の不平等の改善を求める声が高まり、社会改革が実行されて経済格差が再び小さくなっていきます。

このように、ある程度の経済発展を遂げるとともに所得格差が広がり、その格差の広がりを防ぐために何らかの外的な要因が入る結果、経済的な格差の不平等の幅も最終的にはまた小さくなっていくという仮説を「クズネッツの逆U字曲線理論」というのです。

「クズネッツの逆U字曲線理論」を証明するために何人もの学者や研究家が実証や理論的な証明を繰り返していますが、逆U字曲線理論にはこうした格差に関する面だけではなく、経済発展による自然破壊を実証しようとする動きもあります。

この場合の考え方は経済の格差の時と全く同じで、経済発展が続いていくと環境破壊が進んでいくが、さらなる発展によって今度はその環境破壊を技術や外的要因によって是正する働きが生じるため、結果的に環境破壊は収まっていくことを理論として証明しようとするものです。

【関連記事:環境クズネッツ曲線とは?

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  2. マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  3. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  5. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  3. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  5. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る