コンドラチェフの波とは?

コンドラチェフの波とは

コンドラチェフの波とは、ロシアの経済学者コンドラチェフが提唱したことから命名された景気サイクルのことを言います。一種の景気循環というもので、およそ50年周期(実際には40年から70年のサイクルとされています)で起こると言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「コンドラチェフの波」の周期の要因は、技術革新によるものとされています。ある分野で画期的な新技術が開発されると、それに伴った産業が急激に興り、様々な応用などから次々と新たな製品が開発され、市場に出回り、景気が高揚するというわけです。

しかし、そうして出現した新しい産業も、月日の変遷とともに飽和状態となって低迷期に入っていきますが、次の新たな技術革新が起こると、また再び景気が良くなるということとなり、それがサイクル化していくというものです。

「コンドラチェフの波」について過去を振り返って見ると、1800年過ぎに蒸気機関・紡績、1850年を過ぎた頃に鉄鋼・鉄道・電信、1930年の前後の頃に電気・自動車・化学・石油が登場し、2000年を迎えようというころにエレクトロニクス・原子力・航空宇宙が発展しています。これらは景気の大きな波と連動しているのですが、その元のうねりを作った技術革新が何であるかは、人によってとらえ方が多少違っているというものの、大きな視点からすると間違いのないうねりになっていると言われています。

スポンサーリンク

そして、先行きの見通しとしては、2050年を超える頃に、大きな影響を与える技術革新として、ナノテクノロジー・ライフサイエンス・ICT/ビックデータ・ロボティクス・人工知能(AI)が牽引役を果たすものとされています。

こうしたところから、ビジネスにも大きな影響を与えるものとして、注目されている「コンドラチェフの波」ですが、実はその他にもいくつかの波があって、これらもビジネス上は参考にする必要があるとされています。

では他の「波」を見てみましょう。

まず、在庫投資が起因して、約40カ月で景気サイクルが起きるとされているのが「キチンの波」で、アメリカの経済学者であるキチン氏が唱えたところから命名されています。さらには、設備投資が起因するという約10年の周期としての「ジュグラーの波」(ジュグラー:フランスの経済学者)、そして人口の社会的増加とそれに伴って連動する住宅建設投資が起因して起きる約20年の周期としての「クズネッツの波」(クズネッツ:アメリカの経済学者)があります。

「コンドラチェフの波」については、複合的な技術革新が起きる可能性が高いので、一概に特定年数周期でのサイクルでの予想は難しいとされていますが、少なくともサイクルがあるということは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  5. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  3. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る