九変の利に通ずる者は、兵を用うるを知る|孫子の兵法

孫子の兵法

九変の利に通ずる者は、兵を用うるを知る|孫子の兵法

九変の利に通ずる者は、兵を用うるを知る

「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その中から、今回は孫子にある「九変の利に通ずる者は、兵を用うるを知る」という言葉を見てみることにしましょう。

将、九変の利に通ずる者は、兵を用うるを知る。
将、九変の利に通ぜざる者は、地形を知ると雖も、地の利を得ること能わず。
兵を治めて九変の術を知らざれば、五利を知ると雖も、人の用を得ること能わず。

が「九変の利に通ずる者は、兵を用うるを知る」のくだりですが、現代語訳にすると、

スポンサーリンク
孫子は言うには、臨機応変の対応をよく知っている将軍こそが、用兵の資格がある。将軍とはいえ、この臨機応変に対応できなければ、戦場の地形を知っていても、その地の利を活かすことはできない。軍を統率しながらも、臨機応変の対応ができないようでは、五つの地の利を理解していたとしても、兵を十分に働かせることができない。

という意味になります。ここでは、「九変の利に通ずる」とは「臨機応変の対応ができる」と訳しました。

九変の利に通ずる者は、兵を用うるを知る」という言葉で、孫子は原則と応用について伝えようとしています。確かに原則は非常に重要ですが、周囲の状況によってとるべき対策は変わってきます。原理原則で凝り固まった判断しかできないようでは、指揮官としては不足があります。原則は原則として理解した上で、目の前で起きていること、周囲の状況を勘案し、臨機応変に対処することは現代もビジネスシーンでも重要と言えるでしょう。

臨機応変の対応は、その人の資質によるところも大きいのですが、様々な経験をし、あるいは様々な経験談を聞くことから学んでいくこともできます。その意味では、職場で起きたあらゆる問題とその解決法について、多くの人が共有できる仕組みを作ることも組織としては重要だと思います。

御社は「九変の利に通ずる者」を育てる仕組みを作っていますか?t

孫子の兵法から勝ち方を学ぼう・・・

次は「孫子の兵法 一覧」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  2. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  4. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  5. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る