北朝鮮と水爆

北朝鮮と水爆

北朝鮮 水爆実験に成功か?

2017年9月3日、北朝鮮が通算6回目の核実験を強行しました。核実験を行った北朝鮮の北東部 豊渓里付近ではマグニチュード6.1の地震が起きたと推定されており、過去最大規模の核実験だったようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

核実験による地震の規模から考えて、水爆実験であったと考えるべきかもしれません。

水爆実験の成否については、判明していませんが、地震の規模は前回の核実験に比べて約10倍の規模になっていることから考えて、全くの失敗とは考えにくく、すでに水爆の技術を有しているか、有しつつあるかのいずれかだと思われます。

破壊力が限定的な原爆に比べ、水爆は理論的には際限のない破壊力を作り出すことができます。もし、日本に水爆が投下されることになれば、1〜数発で焦土と化すこともできるわけで、国家の安全保障上もこれまでにない緊迫した局面に入ったことになります。

スポンサーリンク

今回の核実験が水爆で、実験に成功していた場合、アメリカもおそらく水爆の保有を放置はしないでしょうから、いよいよ「北朝鮮空爆」も現実のものになってきそうです。

世の中には「絶対」はありませんし、永久の平和も人類の歴史の中でありませんでした。

現実問題として考えると、度重なる武力挑発を続ける北朝鮮に対して、武力による排除がなされる可能性は否定できず、我々日本に住む者としては、近いうちに日本を巻き込んだ有事が起こると考えて、今後の対応を準備していくべきでしょう。

北朝鮮有事については、マスコミや左派系のコメンテーターを中心に、緊迫感のない発言が相次いでいますが、北朝鮮の水爆保有により、事態は相当に緊迫していくことは間違いありません。Jアラートなど国としても最低限の情報発信の体制は整ってきましたが、最終的には、自分の身は自分で守るしかありませんので、いざという時の心構えと備えはきちんとしておくようにしましょう。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  2. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  3. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  4. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  5. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  5. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る