店舗集客をSEOでする!

店舗の集客

店舗集客をSEOでする!本日は歯科クリニック,整体・マッサージ,学習塾,飲食店,不動産会社などを中心に店舗型で商圏が比較的狭いローカルビジネスで効果のあるSEO集客について触れてみることにします。

駅の近くにある商店街を想像してみてください。商店街には様々なお店が軒を連ねていますが、その中でも歯科クリニック,整体・マッサージ,学習塾,飲食店,不動産会社などは比較的多い業種で皆さんの最寄駅近くにも複数存在しているのではないでしょうか。

こういったお店だと「地域名・町名または最寄り駅名+業種」というキーワードが有効です。例えば、渋谷駅近くの歯科クリニックなら「歯科医 渋谷」とか「歯科 渋谷」、新宿駅近くの整体なら「整体 新宿」のような具合です。

店舗型のローカルビジネスの場合、インターネットでサービスを探しているお客様はかなりの比率で「地域名・町名または最寄り駅名+業種」キーワードで検索を行います。つまり御社のホームページが「地域名・町名または最寄り駅名+業種」というキーワードでGoogleやYahoo!の検索上位を取ることができたら集客につながるということです。

では「地域名・町名または最寄り駅名+業種」キーワードでの検索順位が何位くらいになればよいのでしょう。

当社での集客例でみると「地域名・町名または最寄り駅名+業種」の場合、上位15位内に入るくらいから徐々にキーワード経由の検索からホームページへのアクセスが生まれ始め、上位5位以内に入ってくれば、インターネット経由でまずまずの集客効果が期待できています。

SEO対策だけで「地域名・町名または最寄り駅名+業種」キーワードの検索順位を上位5位以内に持っていくことは難しいと思われる方もいるかもしれませんが、ちゃんとしたSEO対策ができていれば、同業種による競合が非常に激しいエリアを除いて十分に狙えます。

ポータルサイトや紙媒体を否定する訳ではありませんが、SEO対策であれば月数千円の予算で可能で、ポータルサイトや紙媒体への広告費の数分の1で同等以上の安定した集客が可能です。そして、その集客はお客様が勝手にインターネット検索をして、勝手にあなたのお店を訪問してくれる為、一切手間が掛かりません。

もし、もう少し集客を増やしたいと考えていらっしゃるのであれば、SEO対策を考えてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  2. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  3. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  5. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る