戸越銀座商店街でも異変~立地のアドバンテージ減少?

店舗の集客

戸越銀座商店街でも異変~立地のアドバンテージ減少?先日、戸越銀座商店街を訪れる機会がありました。戸越銀座商店街と言えば、日本有数の商店街で知られています。

私自身、戸越銀座商店街を何度も訪れていますが、土日はもとより、平日でもいつも人通りと活気があり、成功した商店街と言ってよいでしょう。そんな商店街の勝ち組である戸越銀座商店街ですが、商店街の通りに面して 1階という、立地的に申し分のなさそうな複数の店舗が空き店舗になっていて驚かされました。以前も閉店したり、開店したりとお店の出入りは目にしていましたが、「空き店舗」の状態が複数あるのは、以前には見かけなかった 姿のように思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

戸越銀座商店街ほどではありませんが、私が住む街にある大きめの商店街でも同じようなことが起きつつあります。

【関連記事:商店街-消える店舗・生まれる店舗

スポンサーリンク

数年前にはなかったお店の入れ替わりが頻繁にあるだけではなく、まだ少数ですが、シャッターを閉めたままの「空き店舗」も見かけるようになってきました。

戸越銀座商店街の状況は詳しく把握していませんが、ちなみに私が住む街の商店街の場合、アパレル・衣料品・ブティックといった服飾関係のお店が閉店することが多く、代わりにテイクアウトのお店も含め、飲食店がオープンする比率が上がってきているように思います。

こうなった理由としては、おそらく商店街の人通りは数年前に比べると減っていると感じる上に、店舗に足を運ばなければサービスを受けられない飲食店のような業種を除けば、大型量販店やネット通販の成長のあおりを受けている側面もあるかと思います。

以前は、駅前に店舗を構えれば普通に売れていたものが、商品によって次第に売れなくなる。そういう意味では、商売をする上で、駅前や大規模な商店街といった(リアルな)立地のアドバンテージが失われつつある のでしょう。

では、対処法はあるのでしょうか?
当社のお客様にも商店街のお店がいくつもあり、集客をお手伝いしていますが、大型量販店やネット通販でなく、自分のお店に来てもらうためには少々工夫が必要です。

立地のアドバンテージが失われていく中でも売上が堅調に推移している店舗には次の 2つの共通点 があります。

●コアなターゲット層に支持されているお店
●SNS などで高いネット発信力を持つお店

この共通点に見られるように、「どこにでもあるお店」や「お客様を待っているお店」でなく、「品揃えも含めてエッジの効いた発信力のあるお店」が実店舗を運営する上で非常に重要なファクターだと感じます。

あらためて考えてみると、初歩的なマーケティングではありますが、戸越銀座商店街だけでなく、実際に小規模店舗を訪れてみると驚くほど、この「初歩的なマーケティング」がなおざりになっていることに気付きます。実店舗であろうが、ネットショップなどの仮想店舗であろうが、売上を増やす為にはターゲットを決め、そのターゲットに対して効果的なマーケティングを考えて実施することが重要です。“人通りやアクセスが多ければ売れる” のも確かですが、その「人通りやアクセス」は未来永劫変わらないという保証は何もないのです。

近年、商店街の衰退の話をよく聞きますが、立地のアドバンテージの盲信がその一因になっているのかもしれません。今はいかに立地が良くとも、それだけに頼らず、常により多くの方へ発信をしていく努力の積み重ねが重要性だとを感じた出来事でした。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  2. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  4. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  5. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  5. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る