栗林忠道 最後の言葉〜辞世の句

辞世の句 最後の言葉

栗林忠道 最後の言葉〜辞世の句「辞世の句」とは、人が死の間際に詠む漢詩・和歌・俳句などのことです。自分の人生を振り返り、この世に最後に残す言葉として、様々な教訓を私たちに与えてくれるといって良いでしょう。

古来より数えきれない辞世の句が残されてきましたが、今回は、栗林忠道の最後の言葉として、栗林忠道の辞世の句を紹介してみることにします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

栗林忠道の最後

栗林忠道は、太平洋戦争における日本陸軍の軍人です。硫黄島守備隊の最高指揮官として、3倍以上の大兵力で攻め寄せたアメリカ軍に対し、地下陣地を活用して1ヶ月半程度も防衛戦を戦った軍事的手腕は、現代でも広く知られており、クリント・イーストウッドが監督した映画「硫黄島からの手紙」でも有名です。

文武両方の才能を持ち、史上最年少で陸軍大将となった栗林忠道ですが、大将に任じられてから9日後の1945年3月26日、硫黄島守備隊の最後の総攻撃で戦死しました。

そんな栗林忠道の辞世の句と言われているのが以下の句です。

スポンサーリンク

栗林忠道 辞世の句

「国の為 重き努を 果し得で 矢弾尽き果て 散るぞ悲しき」

この歌を現代文に訳すなら、

国の為に防衛線を守るという重責を果たせず、武器弾薬も尽き、このまま散っていくのは無念だ。

といったところでしょうか。

この辞世の句を含む電文(訣別の電文)を大本営に打った後、栗林忠道は残存兵力を率いて夜襲をかけ、戦死したとみられています。

死を前にした時、彼の頭の中を去来したのはなんだったのでしょう。この栗林忠道の最後の言葉である辞世の句は、皆さんの心にどう響きましたか?

偉人の最後の言葉を見てみよう・・・

偉人の「辞世の句」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  2. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  3. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  2. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
ページ上部へ戻る