画竜点睛(がりょうてんせい)

故事成語

画竜点睛(がりょうてんせい)

画竜点睛(がりょうてんせい)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「画竜点睛(がりょうてんせい)」

という中国の故事にちなんだ故事成語です。

「画竜点睛(がりょうてんせい)」とは

「画竜点睛(がりょうてんせい)」とは、
物事を完成させるための最後の仕上げを忘れること、または一番肝心な部分が抜けていること」を指します。

中国 南北朝時代の梁の国に張僧という絵師がいましたが、安楽寺というお寺の壁に龍の絵を描きました。今にも飛び立ちそうな素晴らしい出来映えでしたが、なぜか龍の目が描かれておらず、不思議に思った人たちがそのことを尋ねると「瞳を描くと飛び去ってしまうからだ」と張僧は答えました。人々は張僧の言葉を信じようとしなかったので、仕方なく張僧が龍の目を描きいれると、龍はたちまち天に昇ったという話が「画竜点睛を欠く」の元になっています。

ビジネスにおいて「画竜点睛」という言葉を考えると、全体的には真面目に仕事に取り組んでいても、最後の肝心な部分が雑になってしまっていて残念な仕事ぶりの人を時折見かけます。

例えば、契約の直前までは順調に行くけれど、いざ契約となると、いつも破談になるようなケースです。実は最後の段階こそ最新の注意を払う必要があるのですが、そのことに気付くまで私も数多くの失敗をしたものです。

ビジネスでは、過程よりも結果の方がはるかに重要です。だからこそ「画竜点睛」を欠くことがないような仕事をしていきたいものです。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  4. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  4. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る