第二次長州征伐|幕府軍の敗因

第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因

第二次長州征伐|幕府軍の敗因

第二次長州征伐 幕府軍の敗因

第二次長州征伐は、15万もの幕府軍が長州藩の征討に向かったものの、長州藩の返り討ちにあって敗れた戦いです。第二次長州征伐で敗れたことで幕府の権威は一気に失墜し、後の明治維新につながるきっかけとなっていきました。

第二次長州征伐では、動員兵力だけでいえば明らかに幕府軍が勝っていたにもかかわらず、幕府軍は負けてしまったのです。

第二次長州征伐が起こる背景として、長州藩と朝廷の折り合いが年々悪化していったことが挙げられます。元々尊皇攘夷運動を展開していたのが長州藩であり、朝廷とは良好な関係でした。

しかし、当時の孝明天皇が幕府と一緒に政治を行う「公武合体運動」に理解を示し始め、たびたび幕府と衝突していた長州藩が段々邪魔な存在となっていきました。

八月十八日の政変で、ついに長州藩は京都から追い出され、何とかして公武合体派を排除しようとする長州藩とそれをさせないように抵抗する会津藩や薩摩藩と争いを起こします。これが「禁門の変」です。

禁門の変で敗れた長州藩は完全に朝廷の敵となってしまうことになります。ここで最初の長州征伐が行われます。この時は西郷隆盛らの尽力で戦争になることなく、長州藩を降伏させることができました。

しかし、この第一次長州征伐から第二次長州征伐の間に大きく環境が変わることになります。

スポンサーリンク

まずは薩長同盟です。
当時、長州藩も薩摩藩も外国の脅威を痛いほどわかっており、このままでは日本の将来が植民地状態になってしまうと懸念していました。そこで坂本龍馬の仲介の元、薩長同盟が結ばれ、薩摩藩からイギリス製の武器が融通されることになります。

そして、この最新鋭の武器が長州藩を勝利に導くのです。第二次長州征伐での幕府軍の敗因とはまさにこの武器の性能の違いによるものです。

ランチェスターの法則では、武器の質と人員をかけたものが戦闘力となります。確かに人員では幕府軍が上回っていましたが、武器の質という点では、戦国時代のような軍備しかなかった幕府軍と、当時の最新鋭の武器を揃えた長州藩との差は歴然とし、戦闘力では長州藩が勝っていたのです。そして、指揮していた徳川家茂が急死、それで幕府軍は戦意喪失となり、徳川慶喜が休戦を朝廷に申し出て撤退し、第二次長州征伐は幕府軍の大敗で終結したのです。

長州藩は武士だけでなく、兵士ではない人たちまでが訓練を受け、最新鋭の武器を手にして戦いに臨み、上から下まで危機感を共有し、高い戦意で戦っていました。

一方、幕府軍は武器の質だけでなく、兵士たちの戦意の低さ、幕臣のおごりなど様々なことが関係しており、第二次長州征伐は幕府軍が負けるべくして負けたことがわかります。

そして、鳥羽伏見の戦いでも、勝てたはずの戦いで惨敗を繰り返した幕府軍は、主導権を薩摩藩・長州藩に奪われ、明治維新へとつながっていくことになります。

日本・世界の主要な戦いの勝因・敗因がここに・・・

次は「戦いの勝因・敗因一覧」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いでは圧倒的な大軍を抱える袁紹軍とそれに挑む曹操軍との間の戦…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、南北戦争における事実上の決戦となっ…
  3. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  4. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  5. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いで今川軍が負けたのは、「今川義元の油断」と長らく言わ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  5. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る