蓮舫二重国籍問題〜時系列まとめ

蓮舫二重国籍問題〜時系列まとめ2016年9月の民進党代表選から一年近くくすぶり続けている「蓮舫議員の二重国籍問題」ですが、テレビや新聞などの既存メディアの報道では全容がつかめないため、過去の発言の整合性を含めて時系列で整理してみました。

「蓮舫議員の二重国籍問題」については、蓮舫議員の瑕疵がなく二重国籍になってしまったのか、知っていながら二重国籍の状態を放置してしまったのか、がポイントになると思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

蓮舫議員 二重国籍問題の時系列

蓮舫氏の国籍に関わるこれまでの発言を中心に時系列でまとめてみました。

1987年9月18日号
週刊宝石
「ときどき中国人だったり、日本人だったりするんです」
1992年6月25日号
朝日新聞
「父が台湾人、母が日本人。十九歳のとき、兄弟の就職もあって日本に帰化した。東京で生まれ育った身にとって暮らしに変化はなかったけれど、『赤いパスポートになるのがいやで、寂しかった』」
「父や祖母を通して触れた台湾、アジア。自分の中のアイデンティティーは『日本』とは違うと感じる」と発言
1993年2月6日号
週刊現代
「父は台湾で、私は二重国籍なんです」と発言
1993年3月16日
朝日新聞
「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」と発言
1994年2月8日
朝日新聞
「日本に生まれても、私は台湾人の父の血を受け継いでいるんだ、という自覚が徐々に生まれました。兄の就職をきっかけに、兄弟そろって帰化しました。苗字は母の姓にしたんですが、名前は蓮舫のままです」
1995年〜1997年 北京大学に留学
1997年2月号
CREA
「自分の国籍は台湾なんです」と発言
1999年8月号
グラツィア
「自分の中で“これだ”と言えるものは、中国人であるアイデンティティー」と発言
2000年10月27日号
週刊ポスト
「私は帰化しているので国籍は日本人だが、アイデンティティーは『台湾人』だ」と発言
2004年7月
参議院議員選挙公報・HP
「1985年、台湾籍から帰化」
2004年9月27日号
週刊大衆
「台湾籍から(日本籍に)帰化」と発言
2007年4月1日号
週刊エコノミスト
「台湾籍から(日本籍に)帰化」と発言
2010年4月22日
婦人公論
「私は台湾で生まれ育ったわけではありません。台湾語も話せませんでしたが、父とつながっているパイプは台湾国籍だと思っていたから、台湾籍は残しておきたかったのです」と発言
2010年10月
中国共産党機関紙
「華僑の一員として、日中両国の友好と協力の推進に力を尽くす」と発言
2016年9月2日 民進党代表選へ立候補
2016年9月3日
ウェークアップ!!ぷらす
「18歳で日本国籍を選びました」と発言
2016年9月6日
産経新聞
「17歳で台湾の除籍届を出しました」と発言
2016年9月6日
記者会見
「台湾の除籍届は父と一緒に提出しました」「(念のための手続きとして)台湾の除籍届を今週提出しました」と発言
2016年9月7日
産経新聞
「法律的には昭和60年(1985年)から日本人」と発言
2016年9月13日 民進党代表選 党員・サポーター等の郵送投票締切
2016年9月13日
記者会見
「私の台湾籍が残っていた」「今、台湾当局に籍を抜く届け出をしている。手続きが完了すれば確定される」と発言
2017年7月18日
記者会見
戸籍謄本のコピーを公開。日本国籍選択日は「2016年10月7日」でした。

蓮舫議員の二重国籍には問題があるのか?

過去を紐解いていくと、蓮舫氏のアイデンティティーが台湾や中国にあると発言していて、その点が日本の政治家としては気になるところです。

また、過去の発言からは、日本国籍の選択時期にかなりブレがあるように思いますので、本当はいつ日本国籍を選択をしたのか?を明らかにするべきでしょう。

スポンサーリンク

当初、蓮舫氏は家族のプライバシーの関係で戸籍謄本の公開をしないと言っていましたが、別に本籍地や家族の記載は不要で、不要な部分は墨塗りするなどして蓮舫氏の欄の【国籍選択の宣言日】の部分だけを公開すれば済みます。

例えば、蓮舫氏とほぼ同時期に二重国籍問題が取り沙汰された小野田紀美参議院議員(自民)は、こんな感じで戸籍謄本を開示しています。

蓮舫二重国籍問題

蓮舫氏のこれまでの話が本当であれば、蓮舫氏の戸籍には【国籍選択の宣言日】として1985年の日付が入っているはずです。この程度の記載内容の開示で済むわけですから、蓮舫氏や民進党が定例会見で言っていたように弁護士を交えて話さなければならないような問題でもなく、差別を助長するような問題でもないと思うのですが・・・。きっと戸籍の【国籍選択の宣言日】を公表したくない事情があるのでしょう。

日本の国会議員として「いつ日本国籍を選択したか?」は「いつ台湾国籍を除籍したか?」よりも重要な問題です。蓮舫氏は「排外主義者や差別主義者に屈してプライバシーを公開することはあってはならない」などと言っている場合ではなく、日本国籍を選択した日を国民に公開するべきでしょう。

追記

一旦、戸籍謄本を出すと言っていながら、差別助長を盾に戸籍謄本を出さないと早々にブレ始めている蓮舫議員ですが、戸籍謄本が出せないようであれば、日本国籍選択が 2004年の参議院議員当選や2010年の大臣就任よりも後ということも含めて疑いが増してきそうです。

 

2017年7月18日追記

蓮舫議員は国籍法違反で参院議員&大臣になっていた・・・

蓮舫議員の二重国籍疑惑ですが、約10ヶ月経って、やっと国籍選択日が記載された戸籍謄本(のコピー)を公開しました。

蓮舫氏の戸籍謄本(コピー)
蓮舫 二重国籍問題 戸籍謄本

蓮舫氏の戸籍謄本に記載された肝心の日本国籍の選択日は「平成28年10月7日」。つまり蓮舫氏は昨年の秋まで二重国籍だったことになり、この戸籍謄本のコピーの記載によって、22歳までに国籍を選択しなければならないと定めた国籍法違反が確定したことになります。

さらに、蓮舫氏は日本国籍の選択をしない状態で3回も選挙に出馬し、通算12年以上も参議院議員を務めていました。選挙公報によると「台湾籍から帰化」した書いていますので、経歴詐称で公職選挙法違反にも問われる可能性も高そうです。

そして、国籍法や公職選挙法への違反自体も大きな問題ですが、日本国籍を選ばず、台湾(もしくは中国)との二重国籍の状態で国務大臣として行政の中核にいたことは、さらに大きな問題と言えるかもしれません。二重国籍の真相をプライベートの問題と10ヶ月に渡って隠し続けた蓮舫氏はもとより、それに加担してきた民進党の罪は大きいと言えるのではないでしょうか。

 

蓮舫氏のパスポートは、なぜ韓国?・・・

蓮舫氏のパスポートはなぜ韓国の台湾大使館で発行?」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  2. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  4. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  5. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  4. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る