誹謗中傷対策会社DYMがネット炎上

誹謗中傷対策会社DYMがネット炎上誹謗中傷対策として2ちゃんねる対策などを行っているIT企業 株式会社DYMが2ちゃんねるやSNS上で“炎上”するという笑えない話が起きています。

【関連記事:DYMが再炎上

発端はDYM社の海外研修(実質的な海外旅行)で起きた不祥事でした。
タイにある王室保養地ホアヒンでDYM社員が泥酔全裸になり集団で騒いだ「タイ全裸事件」です。

この「タイ全裸事件」は現地タイで物議を醸し、その後日本でも各種ニュースやSNSで取り上げられていたので、ご存知の方も多いと思います。

実は当該事件を引き起こしたDYM社は、2ちゃんねる対策などの誹謗中傷対策も行っている会社でしたので、ネット炎上後にどのような対応を取るのか注視していました。

そして、事件発生から5日が経ち、ようやく関係者各位宛の謝罪文が代表者名でホームページに掲載されました。

関係者 各位

弊社メンバーによるタイホアヒンでの騒動のお詫び

急啓 平素は、格別のご高配を賜り、お礼申し上げます。

この度、弊社メンバーが平成 28 年 3 月に実施したタイ王国への旅行に際しまして、タイ中部のリゾート地ホアヒンにあるホテルの浜辺にて当社のメンバーの一部が泥酔して全裸となっていたことが判明しました。

関係者の皆様をはじめ、世間をお騒がせして、誠に申し訳ございませんでした。

スポンサーリンク

特に、旅行先の解放感でタガが緩み、深く考えることなく、タイ王国の国民の方々の名誉感情を害する行いに至りましたこと、深く反省し、心よりお詫び申し上げます。今後、同様のことが無いよう、メンバーの教育を徹底して参る所存でございます。

甚だ簡単ではありますが、まずは、弊社の不祥事のお詫びと再発防止のお約束まで申し上げます。

誠に申し訳ございませんでした。

しかしながら、この謝罪文を巡って、社員に責任を押し付ける内容だとし、2ちゃんねる上で“再炎上”しているようです。

さらに、Googleで社名検索すると「DYM タイ」「DYM 社員旅行」「DYM ホヒアン」のサジェストキーワードが出てきますが、検索システムが比較的脆弱なヤフー検索でサジェストキーワードが出てこないところを見ると、自社に対して“誹謗中傷”対策を講じている可能性もありそうで、もし意図的に“誹謗中傷”対策を講じているとすれば、今後大きな炎上事案になってしまうかもしれません。

ネット炎上事案では、事実であった場合は素直に認めて、しっかりと詫びること、その上で既にSNSなどネット上にアップしている「証拠」を消すなど、火消しにまわらないことが重要だと思います。

今回の騒動であれば、タイ国民、お客様・関係者、日本国民に対してしっかりと詫びた上で、代表者に責任があることを明示することが肝要です。

誹謗中傷対策とは、誤った情報や行き過ぎた反応を排除するもので、自社にとって都合が悪い内容を隠すことではありません。
事実を隠そうとすればするほど、反作用(更なる炎上)も大きくなるということを経営者は肝に命じておきたいものです。

【関連記事:タイ社員旅行で炎上~DYM社に見る炎上対応
【関連記事:DYM社が再炎上

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いていることでしょう。しかし思いだけで…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認識した上で価値ある手立てで行うのが、競…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最も単純な戦闘を指すものとなってい…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦いとは1815年6月18日に起きた、フランス皇帝ナポレオン1世(ナポレオン・ボナパル…
  2. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後期の戦いです。 第二次長州征伐…
  3. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起きた徳川・織田連合軍と武田信玄の間の戦いで…
  4. 西南戦争|勝因・敗因
    戦争で勝敗を決める要因として、戦力と指揮官の能力があります。 西南戦争は薩摩士族と政府軍が戦い…
  5. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日にオーストリア領(現チェコ領)モラヴィアにある、ブル…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る