釜底抽薪 〜 兵法三十六計

兵法三十六計

釜底抽薪 〜 兵法三十六計

釜底抽薪(ふていちゅうしん)〜 兵法三十六計

兵法三十六計とは、中国の三国時代以降に生まれた兵法書で、宋の名将 檀道済がまとめたと言われています。

そして「兵法三十六計」に書かれた故事や教訓は、単なる兵法ではなく処世術としても活用され、広く知られるようになっています。そういった意味では「兵法三十六計」を知ることで、現代の人たちにとっても人生の参考になるのではないでしょうか。

今回選んだのは、兵法三十六計の第十九計

「釜底抽薪(ふていちゅうしん)」

です。

「釜底抽薪(ふていちゅうしん)」とは

「釜底抽薪(ふていちゅうしん)」とは、
煮立っている釜の水も、燃料の薪を抜いてしまえば沸騰を止めることができるように「相手の活動を支えている重要なものを断つことで、相手を弱体化させる」計略のことです。

「釜底抽薪」の話

中国の後漢末期、河北の雄の袁紹と新興勢力の曹操が戦ったのが「官渡の戦い」です。官渡の戦いでの動員兵力は、袁紹軍が約10万、曹操軍が約1万人と言われており、曹操軍は官渡の砦に立て籠もって戦ったものの「多勢に無勢」の状態で敗北寸前まで追い込まれていました。

そんな時、曹操は袁紹軍から降ってきた武将から「烏巣という場所に袁紹軍は兵糧を保管していて、今、烏巣の守備は手薄になっている」という情報を得ます。すかさず、曹操は自ら5000人の精鋭を率いると烏巣を攻撃し、烏巣の守備隊を撃破して保管されていた大量の兵糧を焼き払ってしまいました。

そして、兵糧が不足し大軍が仇になった袁紹軍は、戦いを続けることができなくなり、撤退を余儀なくされてしまったのです。

【関連記事:官渡の戦い|曹操軍の勝因

官渡の戦いにおいて、曹操は、敵の大軍を支えている「兵糧」に袁紹軍の弱点があることを見抜いて絶ったことで、敗北寸前の劣勢から一転して10倍の兵を破ることに成功しました。

このように、相手の活動を支えている部分を断つことで事態が一変することがあります。相手の力を支えるものが何なのかを見極めることは現代のビジネスでも重要です。

 

兵法三十六計を人生に活用しよう・・・

兵法三十六計」一覧を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  2. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  4. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  5. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る