AIDCAとは?AIDCAとは、注目、関心、欲望、確信、行動といった英単語の頭文字をとったものであり、消費者が実際に消費行動をするまでの心理的なプロセスを、単純なモデルとして提示したものといえます。

AIDCAとは別に、これに類似するような名称の考え方もいくつか提唱されていますが、その場合、注目以下の要素のいくつかが他の用語に置き換わっており、それぞれ提唱した人物、主体となっているビジネスの分野が異なっています。もっとも、名前や要素が違うとはいっても、根本的に消費行動のモデル化という大きな点では共通しているものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このような消費行動の法則性を認める端緒となったのは、アメリカの広告販売の実務家であったローランド・ホールが戦前に提唱した理論で、実は意外と古くからあったものといえます。

ただし、ホールの考えでは、注意、関心、欲求、記憶、行動という5つの段階(AIDMA:アイドマ)をとるとされていましたので、今日のものとはニュアンスに若干の違いがあるといえるでしょう。

消費者の心理はうつろいやすいものですが、まずは特定の製品やサービスが世の中に存在することが注目され、それに対して消費者が意識的に関心をもつという段階がはじめにあります。

スポンサーリンク

そして、関心が高じて、その製品やサービスを手に入れて生活を便利にしたいなどといった所有欲が生まれ、さらに製品などの詳しい情報を得るなかで、自己の欲望が正しかったことに確認がもてた段階で、最後に実際に店頭で購入するといった行動に至るというわけです。

こうしたことから、注目、関心、欲望、確信、行動というそれぞれの段階にぴったりとマッチするような広告宣伝を打つなどすることによって、消費者の心理を行動へと誘導することが、企業にとってのマーケティング戦略の大きな着目点になります。

具体的な手段としては、チラシやパンフレットを頒布したり、イベントを主催または協賛したり、テレビでコマーシャルを放映したり、製品やサービスの説明会を開催したり、製品レビューの募集と公開を行ったりといった、様々なものが考えられますが、いずれも注目以下のどのような段階に訴えかける目的があるのか、そして内容としては十分に目的に見合ったものであるのかを、たえず検討することが大切であるといえます。

AIDCAとは、あらゆる企業の製品やサービスの販売促進などにとって有効な考え方であるといえますが、特に広告業界、マーケティング業界では重宝される消費行動モデルです。

ローランド・ホールが提唱したAIDMAとは・・・

次は「AIDMA(アイドマ)とは?」を見てみる

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  2. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  2. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る