facebookページ活用の集客実例

Facebook集客

facebookページ活用の集客実例前回のコラムでFacebookを活用した集客は非常にハードルが高いということを書きました。今回はそんな中で当社があえてクライアント様にFacebookの活用をおすすめした事例を取り上げてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【関連記事:Facebookを使った集客

このクライアント様は、全国数か所にてイベント運営している会社様で、各イベントへの集客は申し分なく利益も順調に上がっていました。数か月前になりますが、このクライアント様から、

「イベントに参加されるお客様は年間で数千人にもなるが、これだけの多くのお客様がいながらイベント以外の商売に全くつなげられていない。顧客管理をしていきたいが、イベント現場でのハンドリングに手一杯で顧客情報を入手する術がない。何とかできないか?」

スポンサーリンク

という内容を悩みをいただきました。

で、イベントに来られたお客様にFacebookページ上からいいね!してもらい集めていくことで、そのお客様(Facebookページ上のフォロワー)へクライアント様のお得情報を発信していくスキームを当社はご提案しました。

イベント会場でいいね!を集めるにあたっては、Facebookページのフォロワーの中から抽選で魅力的な商品が当たる内容でクライアント様にもご了解いただき、目下、順調にフォロワー集客が進んでいるところです。

今の調子で半年くらい経つとクライアント様が希望する新規の物販(通販)事業に使えるようになっていくでしょう。
さらに来年以降、イベントの告知も効果的に行えますので、Facebookページは非常に有効な宣伝媒体になると思います。

Facebookページを立ち上げて、自分の知り合いにいいね!を押してもらって安心しているのでは、いつまで経ってもFacebookを使った集客はできません。

Facebook集客はフォロワーからその友達へ情報を拡散させるバイラル効果に注目が行きがちですが、自社にとって見えなかった、あるいは潜在的なお客様を顕在化していき、ダイレクトにアプローチするチャンスを得ることがFacebook集客の真骨頂ではないかと思います。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  2. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  3. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  4. マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  5. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  3. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  4. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  5. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る