戦術とは一点に全ての力をふるうことである(ナポレオン)

アウステルリッツの戦い|勝因・敗因

戦術とは一点に全ての力をふるうことである(ナポレオン)

戦術とは一点に全ての力をふるうことである

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、「名言・格言」として伝わってきました。

その中から、時を超えて現代においても、人生に様々な示唆を与えてくれる「名言・格言」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「戦術とは一点に全ての力をふるうことである」

というナポレオンの名言・格言です。

ナポレオン・ボナパルト(1769年8月15日〜1821年5月5日:享年51歳)は、フランス革命期に活躍した軍人であり政治家です。フランス革命後、天才的な戦略と戦術によりヨーロッパ大陸のほとんどを支配下に収めましたが、プロイセン・イギリスなどの対仏包囲網によって破れ、最後は大西洋の孤島セントヘレナ島で病死しました。

今回ご紹介した「戦術とは一点に全ての力をふるうことである」という名言・格言ですが、「手柄を立てた社員には報酬を与え、能力の高い社員には役職を与える」と考えると、現代でも通ずる言葉だと思います。

戦いをする上での総合的なプランである「戦略」に対し、「戦術」は戦略を実現するための手段になります。相手に勝つには、局地的な戦場において相手よりも多くの戦力を用意することが最も効果的な戦術となります。その上で、遊んでいる部分を作らず、一点に可能な限り戦力を集中させることが重要だと、ナポレオンはこの格言で言いたかったのでしょう。

ランチェスター戦略にも「一点集中」というものがありますが、ヒト・モノ・カネといったリソースが少ない中小企業だからこそ、持てる “戦力” を一点に絞って投入することが重要だと思います。

今回は、ナポレオンの「戦術とは一点に全ての力をふるうことである」という名言・格言をご紹介しましたが、皆さんの心にこの言葉は響きましたか?偉人たちが試行錯誤し、彼らの人生が凝縮された名言・格言から学んで、自分たちの人生に活かせるといいですね。

偉人の名言・格言を見てみよう・・・

偉人の「名言・格言」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  2. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  4. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  5. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  5. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
ページ上部へ戻る