森友学園問題を引きずった結果・・・

森友学園問題を引きずった結果・・・もう1年以上、森友学園問題のニュースが続いています。

政治家が関わった証拠でも出てくればまだ良いのですが、ダラダラとどうでもいい周辺情報が続いている感じで正直飽き飽きしています。

詐欺罪で起訴されている籠池泰典氏から出た情報を決め手にするには、かなり無理筋だと思うわけです。

籠池泰典氏から出た情報にしても、そもそも籠池氏は、国会の証人喚問で以下のように証言していて、学校の設立には安倍総理も安倍昭恵夫人も無関係と言っている訳なのに、外野のマスコミと野党は「関係あるに違いない」となぜか考えています。

籠池泰典氏:えー、安倍総理のほうには、直接、一切お願いしたことはございません。安倍昭恵夫人を通じて、えー、いろいろなことをご相談申し上げたことはあります。

西田議員 :相談したのと頼んだのとは全然意味が違うんですよ。何を相談したんですか、何を頼んだんですか?

籠池泰典氏:まあ、日本語の言葉というのは、言葉のあやがありますから、その、あの、『相談した』という中に『お願いしたこと』も当然含まれるわけであります。

西田議員 :だから、何を頼んだんですか?

籠池泰典氏:瑞穂の国記念小学院について、『このような副読本はどうでしょうか』とか、お見せしたこともありますし、『こういう風なカリキュラムですけど』とお話ししたこともあるし、ひとつひとつ、教育的なことをお願いしたということでございます。

西田議員 :はい、分かりました。ですから、開設について頼んだということではないということだけ確認しました。

野党やマスコミは、森友学園問題によって倒閣を果たそうとしているようですが、私などは、森友学園問題を引きずっても、野党やマスコミに対する嫌悪感しか出てきません。

といはいえ、世間の方は、森友学園問題についてどう思っているのかを知りたいと思い、一つ Twitter 上でアンケートをしてみることにしました。

森友学園問題を引き起こした“犯人”はズバリ誰?

「森友学園問題を引き起こした“犯人”はズバリ誰?」という内容でのアンケートを取ってみたわけですが

良かった。

どうやら森友学園問題について見る度に、野党やマスコミに対して嫌悪感を持って見ているのは、どうやら私だけではないようです。

45%の人が、森友学園問題を引き起こした“犯人”は「野党やマスコミ」と考えているという結果になっています。

森友学園問題を引きずった結果どうなった?

森友学園問題を一年以上も引きずっているのは、ひとえに「野党(民進・希望・立憲・共産・自由・社民 6党)とマスコミ」ですが、大半の方が森友学園問題を引き起こした“犯人”は「野党やマスコミ」と考えているということは、

火付けをした人が自ら火を煽っている

つまり、大多数の人が自作自演的に野党やマスコミを見ていると言えそうです。

森友学園問題を引きずれば引きずるほど、「野党やマスコミ」は国民から嫌悪感を持たれ、支持率は下がっていくことになるわけですが、これまで真相究明を叫んできた「野党やマスコミ」の撤退は非常に難しく、「進むも地獄退くも地獄」といった状態にありそうです。

ここまできたら、野党やマスコミには、思い切って2年でも3年でも追求してもらって、支持層が壊滅状態になってもらった方が今後の日本の将来の為には良いのかもしれません。

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  2. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  3. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  5. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る