烏合の衆(うごうのしゅう)

故事成語

烏合の衆(うごうのしゅう)

烏合の衆(うごうのしゅう)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

烏合の衆(うごうのしゅう)

という中国の有名な古書「後漢書」が出典の故事成語です。

「烏合の衆(うごうのしゅう)」とは

「烏合の衆(うごうのしゅう)」とは、
「規律も統制もない、役立たずな集団」のことです。

では、出典となった「後漢書」の一節を見てみましょう。

弇、按剣して曰く、
子輿は弊賊なり、卒に降虜と為らんのみ。
我れ長安に至り、国家の漁陽、上谷の兵馬の用を陳して與かり、還りて太原、代郡を出でて、反覆すること数十日、帰して突騎を発して以て烏合の衆を轔す、枯れたるを摧き腐りたるを折るが如きのみ。

とあり、現代文に訳すなら、

耿弇は刀の柄に手をかけて言った。
子輿という賊はすぐに敗れるだろうから、子輿に付き従っても捕虜になるだけである。私は長安に行き、漁陽と上谷の兵権を受けて太原と代郡を往復すれば、数十日で上谷に到着できる。その後、軽騎兵であの烏合の衆を攻撃すれば、その勢いは枯れ木を砕き、腐った木を折るが如く、破ることができる。

といった感じになります。

企業においては人は力ですが、あくまでそれは統制できていればこそです。数だけ多い「烏合の衆」と呼ばれないようにしたいものです。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  2. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る