士業

特定目的会社とは?

特定目的会社とは

特定目的会社とは、SPC法(特定資産流動化法)に基づいた会社です。

SPC法(特定資産流動化法)は、法律名にあるように資産の流動化に対応した法律となっており、特定目的会社は、金融機関や不動産会社が保有する資産を譲り受け、それらを担保に有価証券化して資金を集めるために設立されます。

一般的な会社というと商品やサービスを開発製造したり、営業や販売を行いますが、特定目的会社では、それらの事業活動を一切せず、譲り受けた資産を元に資金調達することのみを目的としており、投資家と原債権者をつなぐ役割に特化しています。

特定目的会社は、主に金融機関や不動産会社の関連会社として設立されるのが、一般的です。

金融機関からは転換特定社債・新優先出資権付特定社債、電子CPと呼ばれている特定短期社債、担保付特定社債などの特定社債を中心に、特定約束手形、特定借入、優先出資などを譲りうけ、これら担保にして資金を調達し、不動産会社からは、不動産を担保として譲り受けたうえで証券化し資金を調達します。

この特定目的会社を設立するメリットですが、一般投資家から資金を調達できることと言えます。

債権や不動産は価格が高いため個人投資家では手が出ませんが、証券化することで小口化し、多数の投資家に販売することで資金調達を可能とします。調達された資金は、新たな事業投資などに利用されることが多いですが、企業の財政再建にも役に立っています。

特定目的会社を使うことで、事業環境の変動により所有する資産を証券化して販売し、調達した資金を自己資本に組み入れて財務体質を強化して激しい市場環境への生き残りを目指すことができます。

ただし、特定目的会社の設立手続きには煩雑な事務処理にコストが伴うため、一定規模以上の証券化取引でないと利用するのは難しいでしょう。

以前では、特定目的会社は、連結決算対象となっていなかったことから粉飾決算目的に利用されたこともありますが、その反省から特定目的会社を実質的に支配する会社の連結対象が義務付けされています。

総じて言うと、特定目的会社は、会社の所有する債権や不動産を担保に資金調達するための欠かせない仕組みといえるでしょう。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  2. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  3. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  4. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る