故事成語

赤心を推して人の腹中に置く

赤心を推して人の腹中に置く
(せきしんをおしてひとのふくちゅうにおく)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

スポンサーリンク
マイナビ薬剤師

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

赤心を推して人の腹中に置く
(せきしんをおしてひとのふくちゅうにおく)

という中国の古書「後漢書」が出典の故事成語です。

「赤心を推して人の腹中に置く
(せきしんをおしてひとのふくちゅうにおく)」とは

「赤心を推して人の腹中に置く」とは、
心から人を信じて、まごころをもって接すること」を指します。

ちなみに出典となった「後漢書」の一節を見てみましょう。

更始使いを遣わし、秀を立てて蕭王と為し、兵を罷めしむ。耿弇、王に説き、辞するに河北未だ平らがざるを以ってし、徴しに就かざらしむ。

王、銅馬の諸賊を撃ち、悉く破って之を降す。諸将未だ降者を信ぜず。降者も亦自ら安んぜず。王、敕して各々営に帰って兵を勒せしむ。自ら軽騎に乗り、諸部を案行す。降将相語って曰く、蕭王、赤心を推して、人の腹中に置く。安くんぞ死を效さざるを得んや、と。悉く以って諸将に分配し、南のかた河内を徇う。

とあり、現代文に訳すなら、

更始帝は使者を送って、劉秀を蕭王とし、戦をやめて来朝するよう命じましたが、耿弇は、劉秀に説いて、河北が未だ平定されていないことを理由に召還に応じさせませんでした。

劉秀は銅馬の諸賊をことごとく破って降服させました。しかし将軍たちは、降伏した者達を信用できず、降伏した者達もまた安心することができないでいました。劉秀は、降将たちに元の陣営に帰って部下を統括するように命じました。そして劉秀は、兵装なしの身軽な状態で馬を駆って各部隊を視察しました。それを見た降将たちは「蕭王は、ご自身の誠実な心が他の人の身にも移され宿っていると信じて疑わない。この方のために命を投げ出さないでいられようか」と語り合ったといいます。そして劉秀は降兵を諸将の下に配置し、南方の河内地方を平定したのです。

といった感じになります。この話に出てくる劉秀とは、後漢を建国した光武帝のことです。
 
会社のトップに立つ経営者には、様々な人が集まってきます。そして、集まってくる人は自分自身の心の中を映し出す鏡のようなものだと私は思います。自分の周りには信頼できない人しか集まってこないと嘆いている経営者がいますが、自分自身も人を信じようとしていないのかもしれません。

「赤心を推して人の腹中に置く」

相手を信じないと、相手からの信頼は得られないものです。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク
JCBオリジナルシリーズ

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  3. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  5. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る