故事成語

遠きと交わり近きを攻める

遠きと交わり近きを攻める

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「遠きと交わり近きを攻める」

という中国の有名な兵法書「三十六計」が出典の故事成語です。

「遠きと交わり近きを攻める」とは

「遠きと交わり近きを攻める」とは、
遠くの国と同盟を組み、近くの国を攻める」計略のことを指します。

「遠交近攻」の話

「遠交近攻」は、中国の戦国時代に范雎(はんしょ)が秦の昭襄王に進言した採用された策略です。それまで国境を接する近くの国と同盟を組み、遠くの国を攻めるのが常道でしたが、范雎は、秦とは国境を接していない趙・楚・斉と同盟し、国境を接する魏と韓を攻めるべきと説きました。

范雎の策を採用した秦は「遠交近攻」により強大になっていき、韓をまず滅ぼし、次いで趙、魏、楚、燕と攻略し、最後は斉を倒して全国統一を成し遂げることになるのです。

「遠交近攻」を現代のビジネスで考えるなら、他のエリアやマーケットなど直接競合しない企業同士が手を組み、主戦場となるマーケットでの戦いに注力するなど、比較的よく使われる戦略になります。

企業体力に劣る中小企業経営においては、無駄な戦いをできるだけ避けるのが鉄則です。その意味では「遠交近攻」をうまく活用していくべきと言えるでしょう。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

ページ上部へ戻る