魑魅魍魎(ちみもうりょう)

故事成語

魑魅魍魎(ちみもうりょう)

魑魅魍魎(ちみもうりょう)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

魑魅魍魎(ちみもうりょう)

という中国の古書「春秋左氏伝」が出典の故事成語です。

「魑魅魍魎(ちみもうりょう)」とは

「魑魅魍魎(ちみもうりょう)」とは、
本来は様々な化け物や妖怪のことで、現在では主に「私欲のために悪だくみをする人」を指して使われます。

では、出典となった「春秋左氏伝」の一節を見てみましょう。

徳に在りて鼎に在らず。

昔、夏の方に徳有るや、遠方には物を図き、金を九牧に貢せしめ、鼎を鋳て物を象り、百物にして之が備えを為し、民をして神姦を知らしむ。故に民は川沢山林に入りて、不若に逢わず。魑魅魍魎、能く之に逢うこと莫し。用て能く上下を協え、以て天休を承く。

とあり、現代文に訳すなら、

徳の問題で、鼎の問題ではありません。

昔、夏の時代に、九つの州から貢がれた黄金を鋳て鼎を作り、その表面に四方の各地の特産や怪物を表示してわかるようにした。そのおかげで民は川や沢や山や林に入っても邪悪なものに会わず、どんな化け物が棲んでいるのかを知ることができるようになり、天からの恩恵を受けられるようになった。

といった感じになります。

今時で言うと地球儀や地図の走りということでしょうか。「魑魅魍魎」の生息地域を示す為に地球儀や地図が生まれたと考えると不思議な気もしますね。
 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  2. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  4. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  4. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る