こども保険とは?

こども保険とは

こども保険とは、小泉進次郎議員と農林部会長ら自民党の若手議員による「2020年以降の経済財政構想小委員会」で提言されている、保育や幼児教育を無償化する案のことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

教育無償化の財源としては、現社会保険料に上乗せする形で賄うとされています。また、これは党内から出ている教育国債の対案として出されています。

具体的な「こども保険」の仕組みとしては、社会保険料率を0.1%上乗せする事で約3400億円を確保できる試算で、未就学児1人に対し月額5000円を支給し、子育て世帯の負担軽減を目指しています。更に将来的には上乗せ分を0.5%までに引き上げることで財源を1兆7000億円確保し、未就学児への助成を月額25,000円に拡大して、保育や幼児教育を実質無償化する構想です。

こども保険の案は、政府がまとめる骨太の方針に反映させ、早期の実現を目指しています。

スポンサーリンク

しかし、この案には賛否両論があり、将来世代からの借金となる国債発行を回避するメリットはありますが、小さな子供が居ない世帯にとっては、保険料の負担だけが増える事になり、負担だけが増える就学中の子供がいない世帯の理解を得るのが難しいとも言われています。

そんな声に対して小泉進次郎議員は、子供がいない人も将来社会保障の給付を受ける側になり、社会保障制度の持続性を担保するのは若い世代がどれだけいるか、若い人を支援すると言う事は子供がいる、いないに関係なく社会全体の持続可能性に繋がると説明しています。

自民党内では、先にも述べた様に教育国債案も浮上しており、骨太方針の中に教育無償化の財源確保を盛り込む方向で調整しています。教育無償化については、自民党内で財源確保をするための検討チームが活動しており、別途教育に限定した教育国債も賛否両論の意見が出ています。

こども保険の仕組みと教育国債を比較した時に、教育国債の方が最も現実的な手法との意見が現時点では多数となっており、幼児養育から大学までの無償化に未来からの投資をする考えで、年間5~10兆円規模を念頭におく意見も出ています。

これに対しては、新たな国債発行は財政負担を伴うため、財政健全化を目指している財務省から批判が出ています。近い将来、高齢化で医療や介護に対する費用が上がり、国民負担が大きくなることが予想されています。更に、新たな教育国債を作れば、教育への支出も増える一方で、借金も増える事になり、消費税も20%以上に上げないと難しいと言われています。

「こども保険」にせよ、教育国債にせよ、少子高齢化が進む中で、将来を担う子供に対し、国としての投資をしていくことは急務です。早期に取りまとめて実行に移してもらいたいと思います。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  2. マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  3. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  5. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る