しばしば賞するは苦しむなり|孫子の兵法

孫子の兵法

しばしば賞するは苦しむなり|孫子の兵法

しばしば賞するは苦しむなり

「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その中から、今回は孫子にある「しばしば賞するは苦しむなり(窘しむなり)」という言葉を見てみることにしましょう。

しばしば賞する者は窘しむなり。しばしば罰する者は困るるなり。先きに暴にして後にその衆を畏るる者は不精の至りなり。

が「しばしば賞するは苦しむなり」のくだりですが、現代語訳にすると、

スポンサーリンク
部下に対しやたら賞を与えているのは、その組織が行き詰まっているということだ。逆に、やたら罰を与えているのも、行き詰まっている証拠である。また、部下を乱暴にこき使い、後から部下のご機嫌を取るのは、自らの不明をさらけ出しているようなものだ。

という意味になります。

個人的な話になりますが、20人ほどの規模の営業会社の管理部門で働いたことがあり、その会社がまさに「しばしば賞するは苦しむなり」の状態でした。オーナーが賞金と解雇という飴と鞭によって成果を上げようという考えで、常に採用と解雇を繰り返していました。

やはり、その会社では、オーナーとそれ以外といった感じで、組織としては行き詰まっており、会社の人員規模は徐々に縮小し、つれて事業規模も縮小していきました。

信賞必罰は組織運営に必要だと思いますが、賞や賞金などを乱発することで成果向上を期待しても、思うような効果は出ません。成果を上げるためには「人を動かす」必要があり、太平洋戦争時の連合艦隊司令長官であった山本五十六の言葉「やってみせて、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かず」のように、部下を育てることこそ、成功への近道ではないでしょうか?

あなたの会社は「しばしば賞するは苦しむなり」の状態になっていませんか?

孫子の兵法から勝ち方を学ぼう・・・

次は「孫子の兵法 一覧」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  3. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  5. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る