グーテンベルグ仮説とは?

グーテンベルグ仮説とは

グーテンベルグ仮説とは、「価格の変化が売上にあまり影響しない一定の価格帯がある」とする消費者の価格感度に関する仮説のことを言います。今回は、このグーテンベルグ仮説について見てみることにします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

消費者は潜在的に値頃価格を決めており、その価格を「内的参照価格」と言います。内的参照価格には許容範囲があります。許容範囲を超える高い価格だと売上を高める効果がありますが、消費者の購買意欲は下がるため、売上が下がります。逆に、許容範囲を超える安い価格だと売上を下げる効果が大きいので、消費者を増やさなければ、売上が下がります。

グーテンベルグ仮説の具体例を見てみることにしましょう。

例えば、衣料店で3000円のシャツを販売していたとします。このシャツを3500円に値上げしたときに、消費者が価格が高いと感じてしまえば、購入を控えてしまい、売上が下がります。今度は3000円のシャツを3150円に値上げしたとき、消費者は内的参照価格の許容範囲内であれば、消費者はいつも通り購入して、売上が少し上がります。

スポンサーリンク

内的参照価格は消費行動の変化により変動します。

例えば、物価が安定的に上昇しているインフレ経済であれば、内的参照価格が変わらないと消費者は買えるものがなくなるため、内的参照価格は上がっていきます。内的参照価格は急に上がるわけではなく、許容範囲の高い価格帯に慣れていくと、その価格が内的参照価格になります。逆に景気が悪化すると、許容範囲が狭まり、少しでも価格が上がるだけでも、購買意欲が下がってしまうため、物価が上がりにくくなり、デフレになります。

日本は消費税を10%にすることを決めましたが、消費税を5%から8%に上げ、数年後に10%に上げるように段階的に消費税を上げることにしました。段階的に消費税を上げる理由は内的参照価格の許容範囲内で消費税を上げて、数年後には内的参照価格が上がっていき、内的参照価格の許容範囲内で再び消費税を上げれば、売上に影響を与えないで消費増税ができると考えたためです。

しかし、日本では長引くデフレ経済によって、内的参照価格が上がりにくい状態になっていたため、消費税を5%から8%に上げた価格は、内的参照価格の許容範囲を超えてしまい、購買意欲が低下して売上を下げることになりました。その結果、消費税を10%に上げるのを延期することになったわけです。

グーテンベルグ仮説から考えると日本がデフレ経済から脱却し、安定的なインフレ経済になるには内的参照価格が上がっていくことが需要なことと言えるでしょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  2. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  4. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  5. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  4. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る