舌先三寸(したさきさんずん)

故事成語

舌先三寸(したさきさんずん)

舌先三寸(したさきさんずん)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

舌先三寸(したさきさんずん)

という中国の有名な古書「史記」が出典の故事成語です。

「舌先三寸(したさきさんずん)」とは

「舌先三寸(したさきさんずん)」とは、
「口先だけの巧みな弁舌」「うわべだけのうまい言葉で、相手をあしらうこと」という意味で使われます。

では、出典となった「史記」の一節を見てみましょう。

中国の戦国時代のこと、秦の大軍が趙の都 邯鄲を包囲した時、趙は平原君を使者として強国の楚へ送って同盟を結ぼうとしました。平原君は自ら抱えていた食客の中から有能な人材を20名を選抜しようとしましたが、残り一人となった時、毛遂という人物が自ら手を挙げました。毛遂の能力について半信半疑だった平原君でしたが、楚王との交渉では、毛遂の弁舌によって見事同盟を成功させました。

その毛遂について、平原君が話した言葉が以下の内容です。

今、乃ち毛先生に於いて之を失えるなり。
毛先生、一たび楚に至るや、趙をして九鼎大呂より重からしむ。
毛先生、三寸の舌を以て百萬の師より強し。
勝、敢て復た士を相せず、と。
遂に以て上客と為す。

とあり、現代文に訳すなら、

「毛遂先生のことは人物を身過っていた。
毛遂先生は一たび楚に到着するや、わが趙の国をを九つの宝器よりも重いものにした。
毛遂先生の舌先三寸は、百万人の軍勢よりも優っている。
私は二度と人物の見立てはしない」と平原君は言った。
かくして平原君は、毛遂を食客の上席として扱ったのである。

といった感じになります。

この後、楚から趙へ援軍が派遣され、秦は撤退して首都 邯鄲の落城は免れたのです。

毛遂は、まさに「舌先三寸」で趙を救った訳ですが、現代で「舌先三寸」といえば、誠実さがなく口先だけといった良くないイメージで使われるようになっています。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  2. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  3. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  4. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  5. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  5. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る