及ばざるは過ぎたるより勝れり(徳川家康)

偉人の名言・格言

及ばざるは過ぎたるより勝れり(徳川家康)

及ばざるは過ぎたるより勝れり

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、「名言・格言」として伝わってきました。

その中から、時を超えて現代においても、人生に様々な示唆を与えてくれる「名言・格言」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「及ばざるは過ぎたるより勝れり」

という徳川家康の名言・格言です。

徳川家康(1543年1月31日〜1616年6月1日:享年73歳)は言わずと知れた戦国大名の一人で、江戸幕府を開き264年の徳川家支配の礎を作った天下人です。徳川家康は、幼少期から織田家・今川家の人質として過ごし、その後も今川・織田・豊臣家に仕えた苦労人らしく、数多くの名言・格言を残しています。

今回ご紹介した「及ばざるは過ぎたるより勝れり」という名言・格言ですが、現代語に訳すなら「やり過ぎると取り返しがつかないので、やりすぎるよりも、少し足りないぐらいの方が良い。」という意味になります。

似たニュアンスの言葉に「過ぎたるは猶及ばざるが如し」という諺があります。こちらは孔子の言葉で「何事も程々が肝心で、良いと言われることでも、やり過ぎは害になる。」という意味です。

少し足りない状態であれば、人からの協力を仰ぐこともできますし、もし過ちに気付いた場合、修正することもできますが、やりすぎた状態では、人を巻き込んで物事を進めることもできず、後戻りもできません。

この「及ばざるは過ぎたるより勝れり」という言葉は、徳川家康の遺訓の中のフレーズです。そういう意味では、物事を一人でやり過ぎず、程々に行い、あとは人に任せながら進めていくことが、リーダーとして重要であるということかもしれません。

今回は、徳川家康の「及ばざるは過ぎたるより勝れり」という名言・格言をご紹介しましたが、皆さんの心にこの言葉は響きましたか?偉人たちが試行錯誤し、彼らの人生が凝縮された名言・格言から学んで、自分たちの人生に活かせるといいですね。

偉人の名言・格言を見てみよう・・・

偉人の「名言・格言」を見てみる

ページ上部へ戻る