BNIの評判起業したての時、ほとんどの会社では取引先探しが喫緊の課題だと思います。
そんな時一番手っ取り早いのが、異業種交流会に参加して人脈を増やすことです。

異業種交流会と言っても、一般の担当者が集う交流会に参加しても意味がありませんから、経営者限定の交流会に参加することになりますが、必ずといっていいほど目にするのがBNIという異業種交流会で、私も2〜3度BNIの朝会に誘われてビジター参加したことがあります。

起業支援をしている関係で、BNIの評判を聞かれることが多いので、私が思うBNIの良し悪し について書いてみることにします。

【関連記事:BNIとは

 
BNIは多くの組織(チャプター)に分かれていて、毎週1回早朝に経営者が集まります。一つのチャプターには一業種一社しか参加できないルールがあり、お互いにチャプター内で仕事を紹介し合うことになります。

チャプターの希望が大きくなればなるほど、仕事が発生する量が増える為、BNIの各チャプターでは空きのある業種の会社のリクルートに余念がありません。

実際、私も参加した異業種交流会で名刺交換した方から「交流会に参加してみませんか?」と誘われてBNIにビジター参加しました。

BNIに出席してみて、結局加入しなかったのですが、その理由としては、

  • チャプターメンバーがセミプロの集まりのようだった
  • 他業種の営業をして、自社商品の紹介を受ける状態は本末転倒だと思った
  • せっかく独立したのに、組織に属するのでは独立した意味がない
  • BNIの会費システム・運営ルールに疑問を感じた
  • そもそもネットワークビジネスが好きではない

といった感じで、私にはメリットよりデメリットが多いと感じました。

【関連記事:BNIは異業種交流会?ネットワークビジネス?

法人であれば、商品増売には他社の力を当てにせず、自社のリソースを増やして対応できますので、BNIのシステムは個人事業主の方向きなのかもしれません。

世間のBNIの評判はほぼ二分しているように思いますが、突き詰めると「会費制のネットワークビジネス」という形態を許容できるかどうかでBNIの評判が大きく分かれるように思います。

BNIだけに限りませんが、自分の考えや会社の実情と会のシステムが合致しているか?で交流会への参加を考えてみると良いのではないでしょうか。

ページ上部へ戻る