カテゴリー:経営豆知識

  • 会社の固定電話とFAXをなくした結果

    突然ですが、当社では半年程前から 会社の固定電話とFAXを全て取り外しました。 私自身、携帯電話が肩掛けの弁当箱のようだった時代から仕事をしていますが、これだけインターネット&携帯電話が普及した中、旧態然として「デ…
  • 「とりあえず打ち合わせ」をお断りする理由

    当社で提供するサービスの中に格安でのホームページ制作・ランディングページ制作があります。 「格安だから集客に使えないのでは?」とよく聞かれますが、当社のホームページ・ランディングページは Webマーケターが直接制作…
  • 創業社員メンバーが退職!生き残れる会社は?

    会社の創業から行動を共にする創業メンバー。志が一つだったはずが、年月の経過とともに目指すところにズレが生まれ、袂を分かつケースをよく見ます。 創業から時間が経過する中で経営理念が徐々に変質していく場合もあるでしょう…
  • マイナンバーが漏洩したら罰則はどうなる?

    マイナンバーは個人情報保護法の特別法として扱われており、個人情報が漏えいするよりもさらに厳しく、マイナンバーは取り扱われる必要があります。 そのため、マイナンバーを漏れた時の刑罰や罰金はちゃんと設けられています。刑罰に…
  • 社長が逮捕!外国人技能実習制度の今後

    外国人技能実習制度は元々、外国人研修制度でやってきた外国人に対し、労働者として実践的な技能を習得し、最大2年間働けるように改正して雇用関係を結べるようにした経緯があります。 しかし、以前から指摘されていた人権問題や…
  • 人材不足,雇用リスクに対応する~今後の中小企業経営

    人材不足 社会保険や労基法適用の厳格化 残業代未払い・SNS炎上などの雇用リスク が顕在化してきています。 既にある程度の知名度と経営基盤を固めた実績のある中小企業であればまだ良いのですが、スタ…
  • 継続は力~2ヶ月で朝の掃除を止めた会社

    ある日、私が朝通勤をしていると不動産会社の社長以下社員が事務所周辺を掃除している姿に出会いました。 不動産会社と言っても広域で営業するタイプでなく、地元に根差した地域ビジネスタイプの不動産会社でしたので、こういった…
  • 外国人技能実習制度の問題点

    外国人技能実習制度の問題点 開発途上国に対する国際貢献や国際協力を目的に設立された外国人研修制度をアレンジしたものが外国人技能実習制度です。 以前の外国人研修制度では長くても 1年程度しか受け入れることができ…
  • BNIの評判

    起業したての時、ほとんどの会社では取引先探しが喫緊の課題だと思います。 そんな時一番手っ取り早いのが、異業種交流会に参加して人脈を増やすことです。 異業種交流会と言っても、一般の担当者が集う交流会に参加しても意味…
  • 外国人技能実習生で人材不足は解消する?

    少子高齢社会に突入し、人口の減少が加速しつつある日本では多くの外国人を受け入れない限り、国が成り立たないのではないかと言われるほど、人材不足に悩まされる時代を迎えつつあります。 特に看護介護の分野や技術産業、第一次…

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  2. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  3. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  4. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  2. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  4. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  5. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る