窮鼠猫を噛む(きゅうそねこをかむ)

故事成語
<スポンサーリンク>

イオンシネマで映画を1000円で見る裏技とは?
年間50回使え、同伴者も1000円で!

窮鼠猫を噛む(きゅうそねこをかむ)

窮鼠猫を噛む(きゅうそねこをかむ)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

窮鼠猫を噛む(きゅうそねこをかむ)

という中国の古書「塩鉄論」が出典の故事成語です。

「窮鼠猫を噛む(きゅうそねこをかむ)」とは

「窮鼠猫を噛む(きゅうそねこをかむ)」とは、
絶体絶命の窮地に追い詰められれば、弱者でも強者に逆襲することがある」という意味です。

ちなみに出典となった「塩鉄論」の一節を見てみると、

死して再び生きざれば、窮鼠狸を齧み、匹夫万乗を奔り、舍人弓を折る、陳勝呉広は是なり

となりますが、現代文に訳すなら、

死ぬか生きるかの所まで追い込まれると、鼠は山猫にも噛み付くし、庶民は天子から逃げ、家来は弓を折って戦いを止める。陳勝呉広はまさにこの例である。

といった感じになります。

どんな相手でもこちらの側から追い込まないことの重要性を「窮鼠猫を噛む」は教えてくれています。

職場においても、パワハラ・モラハラなどの言葉がよく聞かれるようになりましたが、立場の優位にまかせたハラスメントは、追い込んだ相手の逆襲で自分の身に帰ってくることがあります。「因果応報」という言葉もある通り、どんなに弱い相手であっても、謙虚に接することが大切です。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  4. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  5. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  3. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  4. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る